家づくりの用語説明〜外壁編〜後編






[PR]



2008年10月29日(Wed)
家づくりの用語説明〜外壁編〜後編
建物の外壁にはどんな材料があるのかご存知ですか?家を考える時知っておいた方がよいでしょう。

〜外壁編 後編〜

○吹付けタイル
外装用の材料のひとつで、セメント系と樹脂系があります。
コンクリートやモルタル下地の上に吹付けて、ゆず肌状や小さな穴のあるクレーター状の模様などに仕上がります。
磁器質タイルを貼ったような仕上がりになりますが、凹凸があるため汚れが付きやすいでしょう。

○マジックコート
エマルジョン樹脂を使用した水系の塗料です。厚みは2〜4o。
高い耐候性と接着性を合せもつ材料です。

○リシン吹付け
セメントリシンはセメントと砂粒を混ぜたもので、アクリルリシンはアクリル樹脂に砂粒を混ぜたものです。
モルタル下地に吹き付け、表面を粗くして仕上ます。
色合いが豊富で和風、洋風の外壁にも合せやすいでしょう。

今日は午前中より倉敷で新築着手前の建主さんの引越し荷物の運搬の手伝いをしてきました。

新築の家ができるまで一時的に弊社の作業場の倉庫で荷物を預かる予定になっていたので、私も朝から倉庫の片付けで大忙しです。

今回、東京より地元の倉敷へ帰ってこられるということで、昨夜より東京より倉敷に向けて引越し屋さんが運搬してくれているようでAM10:00にはこちらへ荷物到着予定となっていました。

流石はプロです、東京からの運搬の車も約束の時間にこちらに到着して受取側の地元の引越し屋さんも来てくれて手際よく倉庫に置いておくものと実家へ持って帰るものを仕分けしながら引越しが始まりました。

しかし、引越し屋さんの4tトラックに一杯の荷物とは広げてビックリ、私が思っていた以上に有り、倉庫も片付けして置いた範囲だけでは置ききれず、倉庫の片付けまで手伝っていただき、皆さんにはご迷惑おかけしてしましました。

引越し屋さんも皆さん気の良い方たちで色々な無理も聞いていただき本当に感謝です。

私は学校を出てからずっと建築だけでしたので、今日のような他の業種の方と一緒に作業できたことは良い経験となりました。

今日は短い時間でしたが、また今回の引越し屋さん達と、どこかでお会いできればと思います。

写真は昨夜の夕飯の茶碗です。長女がご飯をよそってくれたのですが・・・

なぜかご飯がペチャンコ・・・

今夜はちゃんとよそってくれることを祈って帰宅します。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
29  

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:137
昨日:160
累計:1,691,926