木造在来工法はライフスタイルの変化に対応?






[PR]



2008年11月29日(Sat)
木造在来工法はライフスタイルの変化に対応?
新しく住まいを計画する時に、良く考えておきたいのが将来の家族構成とライフスタイルの変化です。

長い歳月の間に、こどもの誕生や勉強部屋を作って上げたい、さらにもっと先では2世帯、3世帯住宅への変化などに対応する増改築のニーズに幅広く対応できる家づくりを考えておきたいですよね。

木造在来工法は、柱と梁による骨組を主体にしている工法なので、増築のために外壁を貫くことも容易ですし、場合によっては柱を取り除く場合にも梁を補強することで可能になりますし柱の位置を変えることも可能です。

木造在来工法はこうした将来のライフスタイルの変化にとても有利だといえるでしょう。

今日は以前から計画していた防犯リフォームの現場にいってきました。

施工も順調に進み、工事終了後に奥さんから大変お褒めの言葉をいただきました。

「ありがとう、大変良くなりました。」と言っていただけた時がやはり仕事をしていて一番嬉しい時ですね。

短期間の工事でしたが色々と良くしていただきまして、こちらこそ大変ありがとうございました。

写真は木製の扉を防犯のためにアルミに替えた物です。

外部で使用していたので以前の木製扉は随分痛んでいました。て鍵もかかりにくかった為に今回アルミの扉に交換しましたが木製の扉も長くこの家の勝手口の扉として頑張ってくれたと思います。

今の日本は物があふれ、すぐに新しい物が手にはいる状態ですが、今日の工事でそんな事を考えてみると「物を大切に」する事はとても大切だと改めて考えてしまいました。



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
29
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:122
昨日:168
累計:1,675,429