敷地と道路の関係@?






[PR]



2009年02月03日(Tue)
敷地と道路の関係@?
建築基準法では建物を建てるために、敷地が道路に2m以上接していなければならないと定めています。

この場合の道路とは幅員4m(地域によっては6m以上の場合もあるようです)の公道や指定された私道のことです。

家を建てる場合は、給水管、下水管、ガス管などを埋設する必要もあるので、安全、防火、衛生面からも最低限必要な幅らしいです。

また、2mの幅というのは車1台が敷地に入っていくための最低必要な寸法ともいわれています。


今日は倉敷の某ゼネコンさんの工事で倉敷の美観地区へ行ってきました。

店舗の床を改装するという内容の工事で私も店内の家具の移動を手伝いに行ってきました。

あいにくの曇り空でしたが、午前中には無事に荷物の移動も終わらせる事ができました。

午後より備前アルミ建材さんの社長と奥さんが来社されて新しい商品を取り扱うと言う事で新商品の説明を聞かせていただきました。

その商品の取付のための建築工事役として施工をキチンと行なえる工務店という事で弊社を推薦してくれました。

何より施工技術の面で高く評価してくれた事は建築を携わる私たちにとっては非常に嬉しい事です。

今日は、このような話を持ってきていただいた備前アルミ建材の社長さんと奥さんに感謝です。

今日は写真を撮るのを忘れたので最近、施工させていただいた塀の改修の写真です。

最近ではめっきり減った和風の塀です。

焼板と漆喰、瓦の洗練された素材のバランスが和風建築にフィットして心和ませてくれる空間を演出してくれます。










   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
3

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:152
昨日:164
累計:1,691,781