4m未満の道路はセットバックが必要?






[PR]



2009年02月07日(Sat)
4m未満の道路はセットバックが必要?
4m未満の道路の場合でも建築基準法が施工される昭和25年以前からあった道路で、役所が指定し道路として認めたもの(一般に「二項道路」と呼ばれる)は次に述べる条件において家を建てる事ができます。

それは、道路の中心線から2m(地域によっては3mの場合もある)の地点まで敷地を後退させなければいけませんと言ったもの。

これをセットバックといいますが、後退した部分には家を建てることはできません。

したがって建ぺい率や容積率は後退部分を除いた敷地面積で計算されます。

この法律は、幅4mに満たない道路を将来的に4m以上の幅員にするのが目的です。

今日は午前中、倉敷の某ゼネコンさんの仕事で幼稚園の廊下の補修に行ってきました。

現在の床がフワフワしていたので表面材を剥がしてみると、なんとシロアリが大量にいました。

想定外の工事にとりあえず現場担当の方との打合せの後に月曜からは通常通り幼稚園が始まるので今日は応急的な処理を行い、次回の大型連休でシロアリ処理を行なうようになりました。

床がフワフワするようなら早めに状態を確認した方が良さそうですね。あまり長い間ほっておくと取り返しのつかない状態になる可能性もあるかもしれません。

午後より電気屋さんの紹介の台所のリフォームの工事に行ってきました。

こちらは水道、電気屋さんがキッチンの配管、配線を行なってくれました。

さすが専門業者さんですね、手際よく次から次へと工事は順調に進んでいます。

写真はIHヒーターの為の引込作業を行なっている写真です。

いつ見てもこの姿はカッコイイですね。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
7

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:152
昨日:164
累計:1,691,781