屋根材の選びかた?






[PR]



2009年02月25日(Wed)
屋根材の選びかた?
屋根は直射日光をまともに受けさらに風雨にさらされたりと建物の中でも最も自然環境の影響を受ける場所になります。

つまり、屋根はそこに住む人と建物を守る重要な役割りを担っているため、耐久性・耐候性に優れたものでなくてはなりません。

そのため、切り妻・寄せ棟、片流れなどの屋根の形状もその土地の気候風土に合った屋根であることも考えておきたいですね。

例えば沿岸部であれば塩害を考慮して金属系の屋根材はさける、地震の恐れがあれば重量のある瓦は使用しないなど様々な角度からも考えることが必要です。

さらに耐久性・耐候性などの性能を持続させるため定期的なメンテナンスも必要でしょう。

何年くらいで葺き替えや塗替えを要するのかも屋根材を選ぶ時に考えておきたいですね。

屋根材自体の材料費が安くてもメンテナンス費用がかかる場合もあるのでそれらも念頭において考慮すると良いでしょう。

今日は会社の近所での台所リフォームも終わり次の某ゼネコンさんの仕事の準備に追われています。

久しぶりの事務仕事なのでどうにも肩がこって疲れます・・・

写真はこの前電気屋さんの専務と昼食を一緒に食べに行った時の写真です。

某牛丼屋さんへ行き二人で牛丼をたのんだのですが・・・

ここの専務さんは最近、紅ショウガにハマっているらしく牛丼の上に乗せる乗せる・・・

見ての通りいつのまにか紅ショウガ丼の出来上がり!

しかし、牛丼は牛丼のまま食べたほうが・・・

まぁ何事も好きって力は凄いですね。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
25

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:21
昨日:301
累計:1,658,437