木造住宅と金物






[PR]



2009年09月11日(Fri)
木造住宅と金物
単純な定義では耐震構造とは建物の水平強度を高め固くする事だと考えられてきました。

しかし、地震が起きれば水平方向のエネルギーが発生します。

強度が高いということは、エネルギーが集中する部分を作り出すことにもつながるため、必ず良いことばかりでは無いといった考え方が最近言われ始めました。

例えば仕様規定に従い、壁倍率を高めた木造住宅を設計した場合、壁倍率を高めるほど、柱端部の金物に必要な強度は大きくなります。

一方、変形型の建物のエネルギー減衰性能を厳密に想定するのは、木造では非常に難しいとされています。

減衰性能を可能な限り数多く存在させる事が大事になります。

変形性能を維持し続けるには、木材が腐ったりすき間が出来た際などにメンテナンスが欠かせない。

メンテナンスが重要なのは実は強度型も同じで、度重なる地震や台風などによってダメージが蓄積されていくからです。

つまり直しやすさも実は耐震性に直結しているのです。

そして、建てた家を一番理解している施工したメーカーや工務店と長く付き合い、メンテナンスを行える関係であることが非常に大切になると思います。

今日は倉敷市内へ床の張替工事に行ってきました。

フローリングの下に敷込んだ床暖房システムに異常があり部分的にフローリングをめくり、床暖房のパネルを取替える作業でした。

話に聞いていて昨日までは「手間がかかる仕事になりそうだな」と思い憂鬱におもっていましたが・・・

実際にやってみると意外にスムーズに工事が進むではないですか!

結局、半日で取替え作業も終了です。

頭で考えると難しく思える事も、実際にやってみると簡単だったという事ってありますよね。

失敗を恐れるあまり行動に移せないのは、大抵考えすぎからくる事も多いのでは・・・

もっと前向きに何でもチャレンジしていかなくてはいけませんね。

実は今月の9日は私の3?年目の誕生日でした。

09年9月の9日と9が並ぶし誕生日だし、これはありえない事が起こるのでは!と一人勝手に期待していました。

そんな9日当日、おこりました事件が!

数日前から体調不良だった妻が肺炎になりであまりにもしんどそうなので実家の両親の元に・・・

下のチビは妻が実家に連れて帰りましたが、うるさい2人は学校もあるので私とともに・・・

とにかく大変で仕事中は私の母が、子供の面倒を見てくれるのですが、仕事が終わると私が2人を連れて家に帰宅。

おかげでここ数日は仕事が終わると弁当を買って帰り、夕べの食器の洗い物を行い、洗濯物を取り込み、2人を連れてお風呂に入りなどゆっくりする時間もなく就寝・・・

朝も早くから起きて朝食の準備をして、長女を学校に送り出したあと次女を連れ仕事場に・・・

家事と子供の世話は本当に大変です・・・文句言うこともなくそんな家事や子供の世話をしてくれる妻に感謝です。

そして、あたりまえの事でしょうが私自身もまわりの沢山の人に支えられ生きているんだ・・・

誰に聞いた話かも忘れましたが「誕生日は自分を生んでくれた両親に感謝する日」みたいな話を聞いた事があります。

そして今年の誕生日をむかえた現在、両親はもちろん私のまわりにいる人や関ってくれた人に感謝しなくては!と一人勝手に思います。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年9月
   
11
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:82
昨日:307
累計:1,656,462