トイレの温熱環境?






[PR]



2009年11月07日(Sat)
トイレの温熱環境?
脳卒中の発生が多いのは、浴室よりもトイレです。

温度差と共に排便する為いきみが血圧上昇に大きな影響を及ぼしているからです。

温かい部屋から急に寒いトイレに立ち、しかも、いきむ。この一連の相乗作用が血圧を急激に10mmHg以上も上げてしまいます。

循環器系に疾患を持つ老人や、ほとんどの人がトイレでの心臓疾患や脳卒中の危険がある訳です。

トイレは家の外という考えから昔は暖房もしていませんが、家族の健康を考えるなら、居間とトイレの温度差の解消は最も重要な事です。

脳卒中の発生原因で最悪な影響を与えるのが和式便器でのしゃがみ込みです。

しゃがみ込むと、ふくらはぎの血管が圧迫され脚部の血行が著しく阻害されます。

それだけでも血圧が上がるのに、さらにいきむため、細くなった血管がパンパンに膨らみます。

排便後立ち上がると今度は圧迫されていた血液が急激に流れ出し、この急激な血液の変化が立ちくらみや脳卒中を引き起こす大きな原因になっているのです。

現在、ご老人のいる家庭では、和式便器は洋風便器に替える事が懸命です。

健康の為にも、これからのトイレはお年寄りがいる、いないにかからわず出来るだけ、洋式スタイルの便器を選択されることをお勧めします。

洋式便器に座った時の、あの冷たさが嫌だという人もいますが、これも一種のヒートショックですから改善しなければいけません。

現在では便座にヒーターを組み込んだものが一般化しています。また様々な洗浄機能が付いた便座もありますから衛生面や用途を考えて選択してください。

洋式トイレは、和式トイレに比較して専有面積も半分以下のスペースで済みます。そのような点でも洋式トイレの設置をお奨めします。

今日はコンベックスで行なわれているRSK夢フェスタへ行ってきました。

予想以上の人の多さに弊社で行なっていたFAS工法の調湿機能にも大きな役割りをはたしているシリカゲルを使っての【シリカゲルすくい】の材料も途中で追加しなくてはならないほどの大盛況ぶりでした。

一日中、立ちっぱなしだったのでいつも以上に足が疲れましたので今夜は足に湿布でも貼って休みます。

明日も引き続きこちらのイベントに参加させていただきます。

お越しの際はどうぞ宜しくおねがいします。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
7
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:40
昨日:198
累計:1,669,507