隙間だらけの昔の家






[PR]



2009年11月20日(Fri)
隙間だらけの昔の家
昔の住宅は天井が高く、隙間風がピューピューと音をたてて入ってきました。

現在の石油ストーブやガスストーブとは比較にならないほど一酸化炭素中毒の発生率が高いにもかかわらず、囲炉裏で木炭を炊いても、火鉢の炭火も、七厘の練炭も全く一酸化炭素中毒を引き起こす心配はありませんでした。

閉めきっていても隙間から空気が自然に入れ替わっていたのです。

また、昔の家は木と土壁で現在の様な熱伝導率の高い鉄やアルミなどの素材を使用していませんでしたから、結露やカビなどの発生もほとんどありませんでした。

しかし、温度に関する快適さは犠牲にされ住宅の住み易さや寒さに対しては、ほとんど無防備に近かったのです。

これからの住宅は、住宅の高気密化に、ともなって起きる様々な問題に対し的確な対応をしていかなければなりません。

人間は空気無では数分も生きられません。

人間の生命維持にとって当たり前ですがもっとも大切な空気、住宅の住み良さと住む人の健康を考える上でも、空気の汚れや酸素量の不足については何よりも神経質にならなければなりません。

私達が最も住みやすい快適な住環境を造りあげる為には、室内空気の機械的なコントロールが不可欠なものになっています。

現在の住宅は建て主が望む望まないに関わらず、アルミサッシや石膏ボードの上にビニールクロスや塗壁を施工する事である程度の気密住宅が出来上がってしまいます。

自分の家は気密住宅では無いからと関係ないと思っていて石油ストーブやガスストーブの使用は危険です。ストーブ使用中の換気を今一度、見直してください。

今週は岡山でのリフォーム工事もひと段落して、会社にて事務仕事を行なっています。

随分、気候も冬らしくなりましたね。しかしファース工法でリフォームした弊社はとっても暖かいですよ。

暖房の質も床と天井面での温度差もなく足の先から暖かいのでとても快適です。

写真は先日、倉敷のイオンへ行った時のものですが、駐車場の中央にある公園にクリスマス用のイルミネーションが登場していました。

この時期になると毎年、今年一年を振り返って色々と考えてしまいます。

そこには楽しかった事や苦しかった事、色々な人との出会いや別れがあり、そしてその中での自分が成長できたか?自分に関わってくれた人たちはどうなのか?

こんな事を考えると、ついつい深く考え込んでしまいます。

次から次へとやってくる【今・この時】と言うのは未来の自分を考える上でとても重要な事だと一人勝手に思っています。



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
20
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:21
昨日:301
累計:1,658,437