熱の性質?






[PR]



2009年11月24日(Tue)
熱の性質?
【熱は高い温度から低い温度に移動】
温度差が大きいほど勢いよく流れます。

夏、冷房した室内に熱はガラスや外壁・屋根、などを伝って熱伝導として侵入してきます。

断熱材を施工したりサッシやガラスの性能を上げるのは、熱の伝わり方を悪くして熱伝導を減らすためです。

【気流とは】
外気の移動する速さを気流と言うように、室内で空気が流動する早さも気流です。

気流はドラフトとも呼ばれ断熱性能が不良な場合、冬の窓際などで外気に冷やされた空気が下方にスーと流れてくる現象がありますよね。

これをコールドドラフト現象と言います。これを防ぐ為高性能な開口部の仕様が求められます。

室内の気流は0.5m/s以下に押さえるように指定されていますが実際には0.2m/s位で肌に気流を感じます。

夏は逆に、気流がないと体の表面に汗の蒸気が飽和状態になり空気の層が出来てしまい、汗が蒸発しにくくなり不快感を感じてしまいます。

夏は気流があると同じ温度でも涼しく感じるので窓の付ける位置などを室内に風が通る様に工夫して下さい。

今日は現場の方も一区切りしたので会社の事務や加工場の片付けを行ないました。

一現場終わらせるとやはり相当の道具や廃材がでますね。

工事途中でも産廃業者さんにたびたび引き取ってもらっていましたが、それでもダンボールだけでも2tトラック満タンになるほど・・・

今後はゴミの産廃の省力化も考えていかないといけませんね。

写真は先日、四国のニューレオマワールドに行った時の写真ですが、小学生以下のフラフープのイベントがあり娘たちも参加しました。

30秒間フラフープをまわせれば景品がいただけるという物なのですが長女、三女は全くフラフープの経験がないのに自信満々で何故か参加・・・

結果はもちろん・・・

次女が得意なのですが大勢の人の前でと言うこともあり緊張したのか、残念な結果になってしまいました。

まぁ、何事もチャレンジするという事は素晴しいことですね。

彼女達にとっても良い思い出になった事と思います。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
24
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:152
昨日:164
累計:1,691,781