免震建築って?






[PR]



2010年01月09日(Sat)
免震建築って?
免震建築って?

免震建築とは地震で揺れる地盤と建物をバネなどの緩衝材で絶縁する事で地震のエネルギーを建物に直接伝えない工法です。

建物ばかりではなく内部の揺れも軽減する工法です。

主に地震などの被害を指揮する必要のある公共施設等を守る為の工法ですが、近年ではシステムは様々ですが、一般木造住宅にも免震構造を採用している所も増えてきています。

弊社がお薦めするFAS工法も断熱材として使用している発泡ウレタンを基礎と土台の間に施工する事により免震の効果も期待できます。

今日は会社にてリフォーム現場の図面を作成していました。

早島の現場は台所のリフォームと言うことで早々に図面も出来たのですが、岡山でのリフォームは台所以外にもトイレ、お風呂、洗面所などボリュームもあり一苦労です。

そんな中、今日は会社にいつもお世話になっている備前アルミの亀山社長が来てくれ色々とお話を聞くことができましたよ。


この亀山社長はサッシュなどのアルミ建材の取扱がメインですが、他にも蓄熱暖房機や薪ストーブ、住宅設備の取扱まで幅広く行なっており、その行動力や知識の多さにはいつもとても感心します。

他にも仕事以外にも、色々な話や相談に乗ってくれるとても頼れる人ですよ。

その上今日はなんと近所のカツ屋さんでお昼ご飯までごちそうになり今日は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いしますね。

写真は倉敷で建築中のファースの家です。窓の下地作りの作業も終わり今日から外壁の断熱パネル【ファースボード】の施工にとりかかっています。

ファースボードが貼れると雨風も防げますし、作業する私たちにはとっても嬉しいパネルです。

ここまで来るといよいよファースの家を作っているんだと実感が沸いてきますよ。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
9
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:17
昨日:86
累計:1,695,715