内陸部のプレート境界とエベレスト?






[PR]



2010年01月22日(Fri)
内陸部のプレート境界とエベレスト?
世界最高峰であるエベレストを含むヒマラヤ山脈もまたプレート境界に位置しています。

これはユーラシアプレートとインドプレートが衝突しているプレート境界です。

ヒマラヤ山脈も古くは海底が隆起したもので現在でも珊瑚や三葉虫など海底生物の化石が発見されているそうです。

ユーラシアとインドの間は太古には海で隔てられていたものが大陸性プレート同士のぶつかり合いで、現在も年々成長し続けてヒマラヤ山脈を形成しています。

この様に地球の動きはとても人類の力が及ぶような物ではありません。

しかし、その反面、地球が長い歴史をかけて造った化石燃料を使い続け底を尽きる程の勢いもあると言われています。

現在、我が国でも二酸化炭素の排出を抑える運動をする中、現在も様々な燃料を研究し続けています。

これからも地球と私達人類が優しい環境で共存していく為にも、二酸化炭素削減は大きなキーワードでもあり、私達が造るファースの家も地球に優しく、住む人にも優しい
国内でも高水準な省エネ住宅だと思っています。

今日は午前中に倉敷で新築中の物件の打合せをおこないました。

お客さんと内装建材メーカーの方を交え内装の建具や造作材の選定をおこなっていくのですが、今回はナチュラルな感じの室内をテーマにしているのですが、やっぱり内装材の選定はお客さんにとっても気になる所ですね。

写真は午後より倉敷の某施設での窓の額縁を加工した時の写真です。

宿泊施設という事で額縁も大きいタイプの物を造るのですが、今日は超仕上という工程をおこないました。

超仕上とはプレーナー等で大きさを決めたあと、木の表面を鉋で削り綺麗にする工程です。

鉋といっても仕上用の機械がありそれを使って仕上るのですが、木の目を見ながら逆目にならないよう方向を決めて機械へ通していきます。

やっぱり木は自然素材なので一本一本癖もあり、仕上の工程ということで仕上げ漏れが無いよう確認が大切です。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
22
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:51
昨日:421
累計:1,663,547