活断層って?






[PR]



2010年01月28日(Thu)
活断層って?
活断層とは地震は地下の岩盤が崩れて動く現象です。

この時にずれ動く亀裂を震源断層といいます。

この断層が地表に現れたものを地表地震断層と呼んでいます。

地震が起きる場所は、プレート境界のエネルギーが逃げやすい過去の地震断層に集中する傾向があり、何度となく地表地震断層が集中した結果、地表に残った古傷が活断層です。

この活断層地帯は地震の巣とも言われ、地下に地震断層が潜んでいる場合があります。

地震波などの解析により地下に潜んでいる地震断層を早期に発見・予測しておくことで大まかな地震の周期や規模の予測も可能になると言われています。

今日も倉敷のファースの家新築工事に行ってきました。

断熱材の施工も済み、大工さんが床の下地を組み立てる手伝いをしてきました。

床の下地を組みながら電気屋さんと水道屋さんも床下の配線や配管を同時に行なっていきました。

外では左官さんが下塗り作業を続けており、今日は本当に多くの職人さんが現場内で作業しましたよ。

家はやっぱり大工さんだけでは仕上がりません、左官・タイル・塗装・建具・内装・設備に多くの職人さんたちや見えない部分でがんばってくれている事務の人や納入業者さんたちと多くの人が設計図を元に作業を進めていく共同作業です。

この各業者さん同士の関係が良好であることも良い建てる為には必要ですね。

休憩の時間に年配の職人さんから若い職人さんまで業種は違えど、みんなでワイワイと話できる現場はとても楽しいですよ。

明日は現場を離れ、近所での改修予定のお客さんとの打合せにいってこようと思います。




writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
28
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:99
昨日:255
累計:1,686,339