木材の腐朽とは?






[PR]



2010年02月08日(Mon)
木材の腐朽とは?
木材は長期間に渡り使用することで徐々に劣化していきます。

劣化の中でも菌類が木材を分解することを腐朽といい、腐朽を起す菌類を木材腐朽菌と呼び木材腐朽菌は木材の組織の中に進入し細胞の構成成分を栄養源としています。

腐朽菌は木材の含水率が25%以上でよく繁殖し、15%以下では生存出来難くなるようです。

温度については10〜40℃の範囲内で生存できると言われていますが、中でも20〜30℃が快適温度でよく繁殖するそうです。

木材を腐朽菌から守るための対応策は、何よりも腐朽菌が発生しない環境を作ることです。

木材を腐朽菌の栄養源にしないためにも乾燥処理、防腐処理をする事や木材の含水率を低く抑える事が大切で、特に床下の換気・湿度管理は重要です。

その他にも木材を常に空気に触れさせてやる事でも含水率の上昇を軽減できると思います。

私達がお薦めするFAS工法では床下から小屋裏までの徹底した湿度管理と換気計画を行なう事で腐朽菌を発生させる事が無い様さまざまな工夫を凝らしてありますので、ホームページより確認してください。

写真は現在建設中の物件のカーテンのプランです。

何百種類もあるカーテンの中から自分たちのスタイルにあった色、デザインを決めていくのですがこれも大変な作業ですね。

昨日は子供のマラソン大会の応援にいってきましたよ。無事に走りきることができた上、去年より順位もあがり娘も大満足!

小学2年生なのでまだ走る距離も短いのですが、さすがに走りきった後は疲れた様子でしたが、家に帰ると即座に遊びまわっている姿にもビックリでした。

とりあえず又、来年もマラソンがんばりましょう!


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
8
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:169
昨日:234
累計:1,677,361