木は住宅に適しているのか?






[PR]



2010年02月10日(Wed)
木は住宅に適しているのか?
木は一般住宅に最も適した材料といえます。

近年では大断面構造用集成材などの開発により大型建造物も木造で建てられるようになってきました。

センター柱を必要としない大型ドームなども、この大断面構造用集成材で建てられています。とりわけ耐久性と強度が必要な大型の橋にも使用されている例があるそうです。

特に最近では、林業の活性化の為、公共施設も木造でといった話もあり岡山市でも相当な規模の老人介護施設だったと思いますが作られているそうだとか。

木材は他の材料、例えば鉄やコンクリートと比較しても同じ重さで考えるなら全ての面で優れている材料といえます。

ただ、前回まででお話したようなシロアリや腐朽菌に弱いといった弱点もありますがこれを解消する工法などもありますので良く調べてみましょう。

これは木が生物起源であるための宿命ともいえますが、他の資源とは異なり人に優しく再生可能であるといった大きなメリットがありますね。

今日は会社にて書類の整理をおこなっています。

午前中は現場の下見にいったり、寸法取りに行ったりと外出してたのですが、午後からは弊社の施工物件の書類整理を行なっているのですが、こいつが何とも手間のかかる作業でパソコンとにらめっこです。

この調子ですと、明日もパソコンの前から離れられないような気が・・・

写真は以前、雨降りのあとに会社の裏山にかかった虹を写したものです。

綺麗な写真は見ていて飽きないですね〜。

ここ2日間とも天気が不安定な日が続いてましたが、明日は晴れると嬉しいですね。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
10
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:39
昨日:218
累計:1,675,905