木の香りの薬効






[PR]



2010年02月22日(Mon)
木の香りの薬効
森林の中に入ると何とも言えない心の安らぎ、活力を取り戻せた様な気分になりませんか?

それは単に精神的な物ばかりでなく、森林の樹木から放出される化学物質によるもので、その物質はフィレンチッドと呼ばれています。

それを示す実験を調べてみると、松・モミ・ポプラ・カシ等の葉やニンニク等を細かく刻み数センチ離れた場所にアメーバ・赤痢・腸チフス等の病原菌を置くと、これらの微生物が短時間の内に、早ければ数秒で死滅するらしいです。

このようにフィレンチッドはより強力な殺菌・殺虫効果を持っていると考えられます。

動物がしばしば意識的に森林の中に潜むのは、この森林の殺菌効果を本能的に知っているからではないかと言われています。

山道を登り深い森に入ってすがすがしい森の香りを胸いっぱいに吸った時、生き返ったような気分になるのは、山の樹木が発散するテルペン類等の精油分の働きと、フィレンチッドの効果によるものとされています。

また、このような成分が大気中に漂うと、太陽の光を散乱させて青の波長が強調されます。

森林の中で太陽の光が差し込むと青くくもった様な幻想的な光景が見られたり、遠い山が青く見えるのもそのためだとされています。

これらの事から、森林の中に身を置き心身ともにリフレッシュする事を【森林浴】とよんでいます。

木造住宅でも特に木を多く使用している住宅では、森林のすがすがしさが長期にわたって維持され、私達を優しい気持ちにさせてくれます。

ファースの家もこの森林浴と同じ様な効用が期待される次世代高性能住宅だと思っています。

写真は倉敷市内での新築工事現場での左官さんの写真です。

左官さんは岡山市の寺門工業さんの職人さんです。

寺門工業の社長は、私から言うと伯父になるのですが、まだまだ現役で現場でも、まだまだ左官としての腕を振るってくれています。

さすがに職人さんなので左官仕事に関しては厳しい一面もありますが、きちっとした施工や妥協しない仕事ぶりにはいつも感心させられてしまいます。

建築に限らず色々な相談にも乗ってくれるとても頼りになる優しい伯父さんですよ。

現場の方は、いよいよ上塗の工程ですがコテを使って、下塗り中塗りを施工した面を平らに仕上ていきます。

サイディングとは違い壁のくり抜き個所やアールの垂壁など特殊なデザインにも対応しやすく、個性的な外壁が演出できますね。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
22
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:302
昨日:421
累計:1,663,798