木の断熱性能とは?






[PR]



2010年02月28日(Sun)
木の断熱性能とは?
同じ50mmの試料で断熱効果を比較した場合、木材は押出法ポリスチレン断熱材の1/3程度の断熱性能があります。

鉄筋コンクリートの場合は気密性能は高くなりますが断熱性能はかなり劣ります。

土壁の場合は鉄筋コンクリートよりも優れていますが、断熱材としての効果は余り期待できません。

鉄の場合は、熱伝導率が高すぎて失熱量が非常に大きくなり比較できません。

押出法ポリスチレンの失熱量をを1とした時、木材は3、土壁は15、コンクリートともなると30〜40にもなります。

このように、木材は断熱性能にも優れた住宅素材として最も適しています。

写真は昨日、早島で行なっている住宅リフォーム現場です。

こちらも室内の解体も終わり床の下地を組み立てていきます。

以前の床を支える束が木製で古かったのと束石がブロックでの施工だった為、今回のリフォームで新しい規格品の束石と束も木製から鋼製の束に取替えました。

損傷の大きい根太と大引も新しい物に取替え防腐材を散布し、害虫予防を施した上に新しい根太を並べていきます。

この上に断熱材を敷込み合板を捨て貼りした上にフローリングを貼れば頑丈な床の完成です。






writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
28            

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:228
昨日:253
累計:1,686,975