固くするのも一つの方法?






[PR]



2010年04月19日(Mon)
固くするのも一つの方法?
建築基準法はこれから建築される建物について「数百年に一度発生する確率の巨大地震を受けても倒壊しない」という性能が最低限必要としています。

この倒壊を防ぐという条件を満たすには大きく分けて2つの方法があります。

一つは出来る限り建物が傾かないように水平強度を高めること。

もう一つはどれだけ傾いても倒れないように変形性能を高めることです。

どちらにも共通しているのが、揺れのエネルギーを何らかの形で吸収するという点です。

水平強度を高めた建物は地震でもあまり揺れないが、抵抗要素になっている、様々な部材にダメージを負わせる事で地震に耐えています。

変形性能の高い建物も、接合部がめり込んだり、摩擦で地震力が熱やきしみ音に変わります。

いったん発生したエネルギーは必ずどこかで吸収されたり発散されたりしています。

地震が発生すればどれほど硬い構造も必ずどこかにダメージを受けています。

エネルギーを吸収する事は地震で発生したエネルギーを様々な部材で減衰させる事ができるといえるでしょう。

いかに効率よくエネルギーを減衰させるかという考え方は現在の建物の構造を考える上でとても重要になりますね。

今日は某ゼネコンさんからの依頼のあった物件の材料の打合せの為、いつもお世話になっている材料屋さんに行ってきました。

とりあえず、設計図を広げてお互いの疑問点などを直接、話し合っていくので問題だった部分もどんどん解決!

とりあえず材料決めはバッチリです。後は予金額が予算内に納まっているかどうかですが・・・

こればっかりは待つしかないですね。

写真は某ハンバーグ屋さんに外食した時に撮った写真ですが、メニューはモチロンお店の中もとてもオシャレになっていてます。

モルタルを真っ白に塗り色とりどりのモザイクタイルを埋め込んだテーブルは見た目にも格好いいです。

粗い感じのモルタルの素材の中に綺麗なモザイクタイルを敷き詰めていてミスマッチな組み合わせですが、なぜかバランス的に私の好きな感じです。

もちろん、食べ物も美味しいですし私のお気に入りのお店の一つです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年4月
       
19
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:30
昨日:103
累計:1,696,042