左官壁はなぜ固まる?






[PR]



2010年05月12日(Wed)
左官壁はなぜ固まる?
塗り材を構成する材料は主に「結合材」と「骨材」、さらにスサなどの「混和材」に分けられているようです。

この中で、固まる性質を持っているのは文字通り結合材です。

骨材や混和材は、結合材の固まる性質を補う役割りを担っているそうです。

結合材には、荒壁土に含まれる粘土や、漆喰に含まれる消石灰をはじめ、セメント、石膏プラスター、ドロマイトプラスターといった種類があるようです。

結合材はは大まかに分けると空気に触れて固まる物と水で固まる物の、2通りに分けられます。

粘土や消石灰は「気硬性」、セメントやプラスターは水と化学反応を起して硬化する「水硬性」の素材。

どちらにしても「固まる」という性質を持つ塗り材に避けられないのは、硬化する事によって容積が変化するという現象です。

粘土や消石灰、セメントは固まることで収縮し、反対にプラスターは膨張するようです。

今日は会社で事務仕事をおこなっています。

GW前に受けた取材の記事のたたき台の文面をいただき、全体のチェックと少し修正する部分の文章作りを・・・

やっとまとまりましたので、明日にでも最終チェックを行い担当さんにお送りしようと思っています。

GW最終日に福山のみろくの里に遊びに行ってきました。

さすがに子供の日ともあってとっても多くの人でにぎわっていましたよ。こちらのみろくの里、三世代テーマパークと言うこともあって、子供連れからお孫さんまで家族みんなで楽しめるように計画されています。

この日は私もGW最終日ともあって悔いを残さないよう精一杯遊びに遊びましたよ。

写真はその時に撮ったうちの三女です。

3月までは妻と一緒に会社にきていたので、弊社に来たことがある人は知ってますよね。

人前では猫をかぶっていますが、おしゃべりな姉の影響もありとにかく良くしゃべり唄い踊ります。

今日も来社された業者さんに「三女ちゃん最近、見ないね」と言われましたが、4月から幼稚園に通うようになりましたよ。

子供の成長の早さに、月日が過ぎていく早さを感じ、自分は成長できているのかと、ふと考えこんでしまいます・・・



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年5月
           
12
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:210
昨日:198
累計:1,669,677