建築条件付きと防火地域






[PR]



2010年07月06日(Tue)
建築条件付きと防火地域
防火地域?建築条件付き?

正しくは「建築条件付き土地取引」といい、建築施工者を限定させる条件をつけた土地取引の事をいいます。

買主は土地売買契約後、三ヶ月以内に指定された業者と建築請負契約を結ばなければなりません。

もし、建築条件が成立しなかったときには、買主が支払った金銭はすべて返還されることになります。

交渉によっては建築条件付きを外してもらえる事がありますが、その場合土地の価格はアップします。

住宅の密集した地域や商業地域には、防火地域、準防火地域の指定があります。

したがって「木の家を建てたい」と希望していても、そこが防火地域の場合は、基本的に鉄筋コンクリートや耐熱性を持たせた鉄骨などの耐火建築物しか建てられないのです。

また、屋根や外壁、窓も一定の燃えにくい難燃材料にしなくてはいけません。

せっかく、気持ちよく外の景色を見たいと思っても、網入りのガラスが割れ落ち火が外へ吹き出すのを防ぐためです。

ただし、一定の要件を備えているツーバイフォー住宅などは建てられることもあるようです。

今日は一日、会社のほうで事務仕事に専念しました。

なかなか良いことばかりではなく、昨日現場を調査したサッシュの入替工事の計画が難航しています。

今日はサッシ屋さんと直接打合せをさせていただき、何とか方向性は見えてきましたので少しホッとしています。

写真は倉敷の天城方面でおこなっている工事の写真です。

まっちゃんと小野くんがサッシに取り付ける木製の格子の組立中のものです。

木材の加工から考えると手間隙かかりますがやっぱり組みあがると良い感じになりますね。

塗装まで施工して完成した姿が待ち遠しいものです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年7月
       
6

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:43
昨日:276
累計:1,657,657