家づくりの儀式〜地鎮祭〜






[PR]



2010年07月26日(Mon)
家づくりの儀式〜地鎮祭〜
地鎮祭とは、工事の安全を祈願して土地をはらい清める儀式で建築工事に先立って行なわれます。

住宅の場合は神式が多いですが、仏式などでおこなわれる場合もあります。

一般的には地域の神社に依頼して、神主さんに祝詞をあげてもらいます。

大安、先勝、友引などの吉日におこなうのが良いとされています。

儀式に使う鋤や鍬などの祭器や祭場は施工者が、お神酒、米、塩、海の幸、山の幸などのお供え物は施主さんが用意するのが一般的です。

また、施主さんは、神主の謝礼として祝儀を用意します。

謝礼は一般的に2〜5万程度を目安にして下さい。

式の進行は地域や神社によって違いがありますので、本番では神主さんの進行に任せておけば大丈夫です。

今日はいつもお世話になっている左官さんより住宅の改修計画のある物件をご紹介いただきました。

現場は建部でしたが、屋根屋さんと一緒に現地の調査にでかけましたが、現地についてビックリ!

瓦が古くなり瓦がずれて屋根に小さな穴が開いていて、雨が漏り放題ではないですか・・・

取り急ぎ瓦の葺き替えと屋根の木下地の取替えが急務になりそうです。

写真は先日の倉敷天領夏祭りのOH!代官踊りに参加するために衣装と化粧をした長女と次女です。

嫁さんがヘアとメイクをすること一時間・・・小学3年、1年生ですが化粧をすると女は化けますね・・・

この後、実際に会場へ出発しましたが集合場所に行くと同じような衣装を着た女の子、男の子がたくさんいて自分の子を探すのも一苦労です。

実際に踊りを行なう大通りでは大勢の人でにぎわっていて、ホントお祭りムード満載でテンションも上がりますね。

練習をがんばっていたのを見ているだけに娘たちの躍る姿に感動しました!

今回の天領夏祭りも彼女たちの夏休みの良い思い出になったでしょうし、私も忘れる事のない思い出になりました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年7月
       
26

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:74
昨日:164
累計:1,691,703