虫よけ剤?






[PR]



2010年08月20日(Fri)
虫よけ剤?
虫よけ剤としては、これまでは「ディート」という化合物が多く使われてきたそうです。

虫よけの効果が高く持続性もあり副作用もほとんどなかったそうです。

ところが、稀に神経障害や皮膚炎を起すといった報告があったことから、近年は使用上の注意が改訂されました。

こうした経緯から最近ではディートを使用しない虫よけ剤が増えてきています。

代わりにハッカーやユーカリなどの天然オイルを使った虫よけ剤が増えています。

ただ、天然成分だから安心という訳でもありません。

そもそも虫が嫌う刺激物なので小さな子供や肌の弱い人は注意して使用しなければなりません。

しかし虫よけ剤で有名なのは蚊取り線香ですかね?

こちらは線香自体に着火して煙をだすのですが、こちらの煙には殺虫の効果がなく、実は燃焼部分の手前で高温により発揮するピレスロイドと呼ばれる科学物質の方に殺虫効果があるそうですよ。

渦巻き状の独特の形がインパクトのある商品ですが、これは大日本除虫菊株式会社の創業者の奥さんが倉の中でとぐろを巻く蛇をみてビックリして夫の元に駆けつけて告げた事が発想の元になっているそうです。

燃焼時間を長く、全体の形を小さくする事ができ、初期には棒状で立たせて使用していた線香事態を寝かせて使える事からも、安全な物となったそうです。

短く見える線香も真っ直ぐに伸ばすとなんと75cmもあるそうでちょっと驚きですね。

外国でも販売されていて、中には四角形や六角形の形の物もあるそうです。

写真は玉野市でお盆前から工事している現場です。

こちらは屋根が綺麗になった事から外壁も改修する事になり昨日からしんちゃん・まっちゃんが施工に行っています。

古くなった外壁の羽目板に塗装した板を取り外し、下地痛んだ部分の取替えと防虫防腐処理を行ってくれています。

今回は新しい外壁仕上材に国産杉の焼板を計画しています。

焼板はコスト的にもお手軽ですし、将来的な改修の時にも比較的簡単に痛んだ部分だけの取り替えなどもできます。

デザイン的にも古い町並みにも溶け込み、情緒感ある建たずまいを演出してくれますし、こちらも完成が待ち遠しいですね。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年8月
20
       

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:221
昨日:294
累計:1,657,252