一期一会(いちごいちえ)






[PR]



2010年09月08日(Wed)
一期一会(いちごいちえ)
今日は午前中纏めた書類を持って午後から岡山市に色々と案件が多く出た某施設の空調機器の改修計画の現場へ打ち合せに出かけました。

こちらの施設のエアコンも設置してから15年とあちらこちらに不具合が見られ修理・修理の積み重ねでは限界を向かえ、省エネ性能の高い物へと順次、機種の交換を計画中です。

結構な広さの施設の為、エアコンの数も相当の物なので一気に全てを交換となると中々難しいですね。

先ずは、来年度の予算の中にエアコンの改修費用も含んでもらう手筈を整える為の打合せでしたが、上手い具合に予算をいただける事を願っています。

写真は先日の長女のバースデイケーキで、いつもお世話になっているJR中庄駅側のモアガーデンさんの作品です。

毎回のことながら見事なケーキの出来栄えに家族一同、大満足!

ケーキのキャラクターは一期一会というアニメかグッズのキャラクターだそうですが、友情や恋心についての言葉を女の子向きのキャラクターに乗せているのがとても特徴的です。

中々、学校や親から教えてもらうことのない友情や恋心を簡潔に分かりやすく文章にしているので同じくらいの世代の女の子には人気のありそうです。

一期一会(いちごいちえ)とは、元々、茶道に由来することわざだそうです。

『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』と言う意味との事。

これからの長い人生の中で何度も出会いと別れを繰り返していく長女にとって一期一会の気持ちが少しでも大きく育つと嬉しいものです。

歳を取ると色々な知識も知恵も付き、中々素直な気持ちで相手の話を聞けなかったり、自分の知っている知識など持って反論してしまう傾向があるのではないでしょうか?

特に友情や恋心などの人間関係などの心理的な部分については正解などあろうはずもなく、仮に親や先生などから教えられても簡単に理解してくれるはずもないのです。

もちろん私自身も面と向かっては話せないであろうと思う部分なだけに父親としては長女がいつまで経っても素直な気持ちで一期一会を理解して大切にしてくれる事を期待してしまいます。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年9月
     
8
   

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:164
昨日:198
累計:1,669,631