水漏れ注意






[PR]



2010年10月15日(Fri)
水漏れ注意
今日は岡山市のマンションで水漏れに依る室内の改修の見積依頼を受けて中央町まで行ってきました。

久しぶりの岡山市内ですが、道路も混んでなく約束の時間より少し早めに現地へ到着。

依頼者さんと挨拶を交わした後に現場へいってみるとビックリするような光景が!

室内の天井、壁、床がカビだらけ・・・

管理会社の方が機械を使用して懸命に乾かす作業を進めていました。

どうやら上の階で水道管から僅かづつですが水が漏れていたようで、依頼者さんから状況を聞くとずっと空室だった為にどうやら2年近くの間、水漏れが続いていたようでもあります。

水漏れがあった場所は台所なのですが、かなりの期間ほったらかしにしていた様でカビが部屋中に繁殖していました。

上階の水漏れはすでに処置が済んでいるとの話で、今回は水に濡れた壁、床、天井、他にも照明器具やカビの生えたクロスなどの総入れ替えの改修になりそうです。

写真は洗面所の天井なのですが、石こうボードが水に濡れてボロボロになり部分的に天井は落下してしまっています。

構造自体はRC造ということで大きな問題はなさそうですが、3LDKの部屋全ての改修なのでそれにしても、相当な規模な工事にになるようです。

もっと早くに気がついていれば・・・と依頼者の方も悔やまれていました。

今回は保険を使っての改修となりそうなので早めに見積書を提出した上で、保険屋さんの承認をいただき一刻も早く修理に取りかかった方が良さそうです。

マンションに限らず一戸建ての住宅でも同じことですが、水漏れなどが確認された場合は早めに専門業者さんへ状況確認の依頼をしてくださいね。

少々の水漏れだからと放っておくと見えない所で被害は拡大していきますのでご注意を。

午後からは倉敷市で始まる新築工事現場の協力業者さんとの工事契約に向けての書類作りを行いました。

工事が始まってからアレはコレは別途料金だとかにならない様、前もって契約を交わしておきます。

一緒に工程の調整などもこちらの契約書で交わしておくのですが、こうして契約を交わしておけば後で業者さんとの無駄なトラブルも避けられます。

各業者さんは、これから協力しながら一緒に家づくりに取り組む良きパートナーでもあります。

家づくりへの意識の統一と、工事が始まってからの無駄なトラブル防止の為にも欠かせない書類になってきますね。

今回の物件も一緒に最高の家づくりをおこないましょう!


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年10月
         
15
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:127
昨日:193
累計:1,670,559