人に覚えてもらえる喜び






[PR]



2010年11月29日(Mon)
人に覚えてもらえる喜び
今週も月曜日より絶好のスタートです。

当社、近所でのトイレの改修工事も大工さん・水道屋さん・内装屋さんと段取りよく現場に入り、トイレの改修を進めてくれています。

床のシートにシミができてしまい原因が解らなかったのですが、本日便器を外してみて原因究明です。

床と便器+排水管をくっつける役目の部材が老朽化して破損していて、その為、床のシートと下地の間に汚水が流れ込みシミとなって現れていたのです。

もちろん、汚水で汚れたシートはもちろん下地の合板も根太も新しいものに取替え工事は完了。

破損していた部材も水道屋さんが早急に新しい部材を取り寄せてくれ内装屋さん、水道屋さんと段取りよく現場に入って作業してくれたおかげで工事も終わりました。

なにより原因が究明でき、そこに対しての部材の入替の手配を早急にしてくれた水道屋さんに感謝ですね。

そんな中、昨日は岡山市新見市で同じファース加盟工務店の影山建設さんが主催している【ファースの家】完成見学会に家族全員でお邪魔してきました。

倉敷から車で1時間20分、現地へ着くと・・・

モルタル壁に塗装と私が一番好きな仕上に塗装の色もとても素敵な外装のファースの家がありました。

内装も大工さんを筆頭に各協力業者さんが一本一本の木を部材を丁寧に、そして堅実に造りこんでいるのが良くわかる仕上げとなっていて職人さんの質の高さが伺えます。

そして、なにより私が感動したのはこの家を建てた影山建設さんとお施主さんの仲が非常によく、この家は両者の縁が切れない限り永遠にこの場所に建ち続けてくれるように思います。

こちらのお施主さん、家の新築工事が始まる前に当社の建物を見学にきてくれたお施主さんですが現地へ着くと半年以上前に一度だけ会った、私の事を覚えてくれていて、私にとってはそれが何より嬉しかったです。

家は竣工しましたが、「影山建設さんとお施主さんの家づくり物語」は家のメンテナンスなどを通して今後も永遠に続くお語であってくれると確信できます。

本当に昨日はみなさん本当にお邪魔いたしました。

Gさんご夫妻と元気な息子さん2人でファースの家でのしあわせの新生活を満喫してください。

また、どこかでお会いできる日を楽しみしています。





   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年11月
 
29        

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:407
昨日:322
累計:1,664,225