現場は違えど想いは同じ仲間たち






[PR]



2010年12月20日(Mon)
現場は違えど想いは同じ仲間たち
今日は12月にしてはとても暖かい一日になったようです。

午前中、ご近所で新築計画のあるお客さんにたたき台の建物の平面・立面のプランを提出してきました。

まずはこちらのプランを元にじっくりとライフスタイルと相談しながら家の計画を立てていきましょうね。

その足で庄地区での新築工事現場に移動し床のフローリングの施工をおこないました。

こちらの現場も桜の無垢材のフローリングですがフローリングの巾が10cmと合板タイプのフローリングに比べて一枚辺りの大きさが1/3・・・

つまり貼り手間は単純に計算しても3倍です。

しかし貼り終ったときの無垢材のフローリングは一生もの。

手間隙かけた職人の技と無垢材の良さとが合わさった時、住む人にとって足ざわりの柔らかな良い床になってくれますね。

ずっと屈んでの作業となるため、夕方には腰が痛いのですが弱音を吐いている場合でもなく明日もこちらの作業を続けていきます。

明日からは一緒に造作工事をしてくれていた、当社の大工しんちゃんは早島での増築工事に向けての隣接する長屋の切り離しと改修工事に出かけてしまいます。

こちらの現場も来年2月には増築部分の工事に着手という事でしっかり計画を立てて工事を進めていく必要があるようです。

写真はまっちゃんと小野くんとで工事している茶屋町での長期優良住宅新築工事現場です。

こちらの現場も明日からは小野君が抜け、まっちゃん1人になってしまいます。

しかし、さすがはまっちゃん工期に間に合うようにキチンと予定を立てて毎日、施工を続けてくれていたようで大工工事も来年1月中頃の予定期間内には完了できそうです。

明日からはみんなバラバラになりますが、家から始まる感動としあわせの家づくりをおこなうという気持ちは一緒です。

みんな怪我のないよう気をつけて今週もがんばりましょう!


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年12月
     
20
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:152
昨日:160
累計:1,691,941