自分自身で納得のできる大工工事






[PR]



2010年12月27日(Mon)
自分自身で納得のできる大工工事
今年も最後の一週間を向かえました。

今日は会社の事務所と新築工事現場を行ったり来たりと・・・

移動の時間が作業の間に入ると、どちらの仕事も効率は悪いのですがもう、ここまで来て贅沢は言ってられません。

「年内にやるべき事をやりきる」・・・ただそれだけです。

何とか年内に全力でやれる事を済ませ、後は全力でお正月の休暇を取りたいものです。

そんな中、先日マンションの改修工事の工程表を提出したのですが、先方の希望があり少し工事を遅らせて欲しいとの依頼があり工程表を修正しました。

一度、形が出来ていたので修正自体は直ぐにできました。

こちらで承認いただければ、早めに各専門業者さんへ工程の配布をしておきたいと思います。

倉敷市の庄での新築工事現場では一階、二階の間仕切を起こす作業も終わり、いよいよ入口の扉を付ける為の枠の取付を始めました。

後で扉の建て付けが悪くならない用に水平、垂直をしっかり確認しながら丁寧にひとつひとつ取付ていきます。

こうして段々と自分の手で出来上がってくると嬉しい反面、お施主さんには悪いのですがこちらの現場での作業が少なくなっていく事の寂しさを感じてきます。

とにかく、いつも自分で後から「もっとこうすればよかった・・・」などの後悔のない大工仕事を心がけています。

そして自分が納得できるまで、とことんやってみる。

そんな工事ができる事は「ものづくり」が好きな私にとっては、とても楽しい時間です。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年12月
     
27  

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:152
昨日:160
累計:1,691,941