15年前の成人の日






[PR]



2011年01月10日(Mon)
15年前の成人の日
今日も倉敷の庄での新築工事現場へしんちゃんと2人で出動です。

かなり冷え込む一日になりました。

1階の入口枠も取付が開始され、段々と1階の室内の様子も完成に向けて形づくられていきます。

外部では左官さんがモルタルの中塗り・上塗りの施工の下準備を始めてくれています。

モルタルの誘発目地の位置だしなど外部も着実に仕上りに向けて工事が進められていき徐々に竣工の形がイメージできてきますね。

今日は成人の日という事です。

新成人の方とその親御さんにとっては本当におめでたい日です。

愛情を注ぎ、時には優しく、時には厳しく育てた息子、娘が20歳という人生の中の一つの節目を迎えました。

ヨチヨチ歩いていた頃の子供の姿を思い返すと嬉しさも一入でしょう。

こんな私も15年前にはそんな時もあった事を思い返します。

今思うと当時、成人を向えたからと言って特に何かが変ったような記憶はありませんが・・・

自分の中で大人の仲間入りをしたという意識と大人としての責任があると強く思った事を覚えています。

ただ、思っただけで何か行動を起こした訳でもない事が今になってみると後悔してしまいます・・・

今年の新成人の人たちには是非、20歳という節目の歳を後悔のないように精一杯生きてもらいたいものです。

後悔とは読んで字の通り、後で悔やむ事です。

今、この一瞬、この一年を大切にすれば、きっと素晴しい未来に繋がると思いますよ。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
10
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:173
昨日:234
累計:1,677,365