サッシの組み合わせを上手に使って






[PR]



2011年01月26日(Wed)
サッシの組み合わせを上手に使って
今日は終日、会社にてデスクワークに追われています。

月末より着手する工事の業者さんとの契約書や岡山市の某施設の建具の改修工事の見積書の作成をおこなっています。

現在ではこういった書類はパソコンで作成する事が多いのですが、キーボードを打つだけで次から次へと文字が出てくる為に文章に誤字や脱字があっても分かりにくいのが欠点です。

その為に一度プリントアウトした書類を再度読み直して、誤字、脱字がない事を確認した上で正式な書類として提出していきます。

誰しも間違いがないように作成するのですが、時には笑えるような誤字があったりと面倒な書類作りも違った一面からみると楽しいものかもしれません。

そんな中、同じ地区にお住まいの方から介護保険を使っての住宅リフォームの依頼をいただきました。

私は時間の都合が合わず計画図面の作成の為のヒアリングや採寸に立ち会えませんでしたが、当社社長がヒアリングした内容と採寸してくれたおかげで無事に図面の作成に移れそうです。

こちらも申請期間などを考えると時間がかかるので、先ずは早めに図面を作りケアマネージャーさんに提出できる準備に取りかからなくてはなりませんね。

写真は倉敷市の庄地区での新築工事現場です。

今日は当社の大工さんたちも茶屋町での新築工事現場の片付けにいっているために現場内はとても静かです。

写真のサッシははめ殺し窓とすべり出し窓を上下に組み合わせ幅が30cm、高さが2m40cmの縦長の窓です。

こうして二つのサッシを組み合わせて使うと他の家にはない独特の外観になります。

折角の注文住宅なら1〜2箇所くらいはサッシの組み合わせを上手に使ってオリジナルの外内観を提案してもらうのも良いですね。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
26
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:241
昨日:135
累計:1,686,226