七転び八起き






[PR]



2011年01月28日(Fri)
七転び八起き
今日は朝からあちらこちらへバタバタと移動する一日になりました。

朝一番に倉敷市庄で行っている新築現場へ昨日、やり残した作業に区切りを付ける為に移動。

やり残した作業は和室の窓に付く内障子と呼ばれる障子の木枠の取付。

2時間くらいで和室の内障子の枠も取り付き後の壁の下地などは当社の大工さんに任せます。

その後、会社に帰り近所で依頼のあった介護保険サービスを利用しての住宅改修のお宅の図面を完成させ見積書を作成。

ケアマネージャさんとの打合せも月曜日に決りましたので後は入念に図面を確認をしておきたいですね。

午後から、こちらもご近所で以前物干場の屋根の新設工事の見積書を提出させていただいた、お客さんから正式に工事の依頼をいただきました。

早速、工事に伴う商品の色を決めてもらう為にカタログを持ってお伺いしてきました。

物干場の屋根が完成すれば「今日雨降るかな?」などの心配もなくなりますね。

外出中に急に天気が崩れ洗濯物がビショビショに・・・

「折角、洗濯物を干したのに・・・」と残念に思いながら又、洗い直す手間がなくなりますね。

こんな事にならないように、これから何十年と洗濯物を雨から守る、頑丈かつ便利な物干し場の屋根を作り、

住む人が、天気の崩れなどに心配いらないしあわせに思えるテラス屋根の工事にしたいと思います。

写真は休日にイオン倉敷へ行った時に通路の真ん中でずっこけた家の末っ子長男けいくんです。

よほど痛かったのか?抱っこ待ちなのか?通路で転がり大泣き・・・

しかし、泣きながらも自分で立ち上がります。

けいくんのこれからの長い自分の人生。

家庭、学校、仕事など長い道程の様々なシーンで彼も転ぶ事より痛く恥ずかしいと思う、失敗や挫折を何度も経験するはずです。

しかし、この日のように何度転んでも、自分で立ち上がる。

そして失敗や挫折から逃げ出さず常に前向きに・・・

この繰り返しを何度も重ね少しでも大きく成長してくれればと親心に思います。

言葉で教えるのは誰にでもできそうです。

しかし子供の見本になれる父親だからこそ自分が実践する・・・

失敗を恐れず前向きに挑戦し続ける、何度転んでも又立ち上がる。

そんな姿を隠す事なく子供に見せ続ける事・・・

それは母親でもなく、兄弟でもなく、学校の先生でもなく、やはり父親の役目でありたいものです。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
28
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:306
昨日:421
累計:1,663,802