子供は大人の宝






[PR]



2011年02月08日(Tue)
子供は大人の宝
今日はご近所でご依頼のあった物干し場の屋根の新設工事の着手となりました。

本宅の横にアルミのテラス屋根を作るのですが、メーカーさんより専属のアルミ職人さんが来てくれテキパキと工事の準備から進めてくれます。

こちらの工事も明日には完成予定という事で完成した姿が待ち遠しいですね。

午後からは岡山市のマンション改修工事の現場へ移動です。

天井と壁の軽鉄下地も出来上がり、入口の木枠も組み直され続いて床の下地つくりを職人さんが着々と進めてくれています。

こちらの現場では建具屋さんも内装の建具を採寸してくれ加工場にて建具作りが始まります。

最近では建材メーカーさんの規格品のものが品質やデザインが、とても良くなってきて少なくなってきた造作建具ですが、やっぱり完全に現地や好みに合わせてオーダーできるのは魅力ですよね。

写真は今日のお昼前に三女が通う幼稚園へ行った時のものです。

先週、幼稚園の生活発表会がおこなわれたのですが、発表会をとても楽しみにしていた三女のみ〜ちゃんは当日、熱でダウン・・・

み〜ちゃんもですが私たちも残念に思っていたのですが・・・

先生の取り計らいで三女の為に私たち夫婦を幼稚園に招いてくださって生活発表会をもう一度おこなってくれました。

保護者は私たち2人だけという事で、何だか気恥ずかしく思いましたが・・・

私たちの前で本番と変る事なく精一杯、踊りや劇をしてくれる三女のクラスの子供たち。

みんなキラキラとした眼差しで私たちを楽しませてくれました。

最後の私たちも参加できる踊りでは子供たち全員が「みなみちゃんのお父さん」、「みなみちゃんのお母さん」と呼んでくれクラスの子供たち20人と先生と私たちで手をつなぎ輪になり一緒に踊ってくれました。

子供たちの笑顔の輪の中で1人1人の子供たちの言動、眼差し、笑顔には本当に心底、感動しました。

踊り終えた後に子供たち1人1人に「ありがとう」と声をかけさせていただきましたが、こんな感動を私たちに与えてくれる子供は我が子に限らず私たち大人の宝ですね。

今日の感動をくれた子供たちに私がこの先に1人の大人として出来る事・・・

先ずは、それを見つけることを私の目標として今日から更に頑張ろうと心に思います。

(ちなみに写真に写っているのは末っ子長男けいくんです。)


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年2月
   
8
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:17
昨日:103
累計:1,696,029