備えあれば憂いなし






[PR]



2011年03月26日(Sat)
備えあれば憂いなし
今日も3月終盤と言いながらも、ここ倉敷でも風が強く肌寒い一日になりました。

私も朝一番で中庄でのマンションのトイレの修繕工事に出かけてきました。

配管の老朽化に伴い水漏れがあり一度、便器と床を外し配管の部材を取り替える工事です。

床を外すと予想以上に水漏れの被害が大きく、これから先の事を考えると下地から交換を余儀なくされます。

当初の計画からは想定外の出来事ですが、そこを想定しておくのが真のプロの仕事。

「もしかすると」と準備しておいた下地材を使い、大きな問題もなく予定通り工事が進みました。

「備えあれば憂いなし」

「過剰すぎる備え」ではなく、「必要なだけ備える」事は建築工事に限らず常に怠る訳にはいきません。

平常な時間が長くなるとついつい忘れてしまう異常な事態。

しかし実はそこを常にイメージしておくことが大切です。

そこがイメージできていないと異常な事態に陥った時に頭の中が混乱してしまいます。

そうなってしまうと、何が必要で、何が必要でないかの判断さえ乏しくなり最終的に大きな失敗につながり兼ねません。

私自身、何事もですが考え方が「一方」に偏るのはとても危険な事だと思っています。

自分の中でどんなに良いと思う事も・・・

自分の中でどんなに悪いと思う事も・・・

その考えに囚われすぎる事なく常に気持ちを真ん中において物事を見れば・・・・

真に必要な事が見えてくるのは必然だと思っています。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年3月
   
26
   

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:47
昨日:169
累計:1,675,695