建築板金から住む人を想う職人さん






[PR]



2011年04月12日(Tue)
建築板金から住む人を想う職人さん
今日は朝から岡山市での施工調査に向けて車で出発です。

いつもより少し渋滞も少なく予定より少し早く現場へ到着ということで、少しのんびりとした朝のひと時に何だか小さなしあわせを感じてしまいます。

現場の方では家具屋さんが寸法取りを行ってくれ明後日の施工に備え準備開始。

今回もみなさんの笑顔に包まれる現場であれば嬉しいですね。

午後からは昨日に引き続きデスクワークに勤しみますが、何もかもが予定通りに進み順風満帆。

今日はどうやら比較的時間に余裕を感じる一日になったようで、何もかもが上手く進む事に少し退屈感さえ覚えます。

しかし、このような何もない一日がどれだけ幸せな事か・・・

退屈感を感じながらも本当は何も起きない事があたり前の幸せなんだと再度確認できます。

とは言っても私自身、今日一日何もしていない訳ではありませんので誤解なさらぬように・・・

写真は倉敷市天城で先日までつくっていた倉庫ですが、板金屋さんが外装材の施工を進めてくれています。

板金屋さんは総社市で建築板金業を営む「芳賀板金」さんの芳賀社長です。

いつも堅実、丁寧な施工で板金工事から住む人のしあわせを考えてくれる職人さんですよ。

こちらの板金屋さんの芳賀社長と当社はもう数十年のお付き合いで、私がこの大工職人として修行を始めた頃から板金工事に限らず色々な事を教えてもらったり助けてもらいました。

今では私の中では板金屋の父のような方で、いつか何か恩返しが出来ればと日々努力はしています。

当社の社長と変らない歳なのですが、まだまだ現場の第一線で工事してくれる姿はとても頼もしく安心して工事をお任せできます。

誰かから「腕と人柄が良い建築板金屋さんを・・・」と言われれば、真っ先に胸を張って皆さんに紹介させていただいています。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年4月
         
12

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:92
昨日:86
累計:1,695,790