省エネ・ECOな高性能住宅「ファースの家」






[PR]



2011年04月30日(Sat)
省エネ・ECOな高性能住宅「ファースの家」
東日本大震災より向こう、全国各地で自粛ムードの続く中でのGWとなりました。

過剰な自粛の効果は日本経済の圧縮にもつながってしまっている様子も見受けられます。

私自身も岡山県倉敷市に暮らしているという事で直接被災した訳でもなければ、何か被害があった訳でもありません。

そんな被災地から遠く離れた私たちにだからこそ、今年のGWは特に重要な意味を持って過ごす必要があるようです。

当初の思いの通り、東電管内ではこの夏へ向けての電力需要の影響は大きな課題として残った様子で企業や家庭に消費電力の削減を推し進めている様子が伺えます。

私自身はこの先も消費電力削減の方向は全国各地に広がると思っています。

以前のコラムでも紹介した「未来を見据えた家づくり」には消費電力が少なく更に快適な空間を担保できる高性能な省エネ住宅が必須ですとお話しました。

私自身「ファースの家」を通して「今から私にできる事」と位置づけ「未来の子供たちにへ向けて誇れる家づくり」の最善の方法だと考えて推進しています。

写真は倉敷市上東で進んでいる「ファースの家」新築予定地の造成工事をいつもお世話になっている、こちらも同じ倉敷児島にある高谷建設さんの施工で進めていただいています。

こちらの高谷建設さんは民間、公共事業を問わず様々な土木工事を請け負っておられます。

他にも廃材の産廃処理事業も行われている為、当社の家づくりにも必ず一役買っていただいています。

土建屋さんと言えば一般的には余り良くない印象を受けますが、こちらの高谷建設さんは全くの真逆。

担当してくれる方も職人さんもみなさん気さくで優しい良い人ばかり。

私に限った話ではないのでしょうが、施工技術や価格など様々な面で業者選定をおこないますが、やはり担当してくれる方と職人さんの人柄、仕事への想いは必ず知っておく必要があるようです。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年4月
         
30

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:110
累計:1,695,809