プロフェッショナルで在り続ける






[PR]



2011年05月09日(Mon)
プロフェッショナルで在り続ける
今日からGWも明けていよいよ仕事の方も本格的に動き出しましたね。

以前から計画している岡山市の某施設さんのブラインド改修の工事も次のステップへと進んでいけます。

今週には色、柄、開閉方法を打合せして早急に工事の段取りを進めていきたいものです。

そんな本日も私は会社で見積用の部材の拾い出しに追われています。

特に時間の要する木材の拾い出しは一苦労なのですが、大方拾えたようなので明日からはパソコンでビシビシ入力していかなくては・・・

昨日は日曜日でしたが初夏より新築予定のお施主さんと計画図面の打合せをおこないました。

大まかなプランは決っていますが細かな部分の図面修正はもう少し計画が必要でしょう。

土台となるプランは私の目からみても完成度の高いプランなので、それをベースに自分達のライフスタイルを具体的にイメージしていけば次のステップに進んでいけそうです。

初夏とは言いながらも、もう5月・・・こちらの案件も少しペースを上げて計画を進めて行く必要があるようですが、何より後悔を残さない家づくりになるように私たちも精一杯お手伝いさせていただきます。

所で先の焼肉チェーン店での集団食中毒の事件もですが、現在企業の利益ばかりが先に立ち個々が「プロフェッショナル」という意識の低さに驚くような事件が多く報道されているように感じます。

もちろん企業が利益を得る事は当然なのですが、そこに行き着くまで「プロフェッショナル」としての自覚を高いレベルで維持しておく事が必要なのです。

しかし段々とその意識が薄くなってきたのは時代の流れなのか、企業のあり方なのか・・・

私自身は1人の社会人として「自分は家づくりのプロフェッショナル」なのだと胸をはっていつまでも言える事は私の中では曲げない信念の一つでもあります。

写真は都窪郡早島町で工事が進んでいるFASリフォーム現場の外装施工の写真です。

モルタルの下塗りが終わり建物の外装が随分とイメージできる形になってきました。

こちらの左官職人の彼らは流石はプロフェッショナルという技術を細部に渡り見せてくれますので私もとても信頼しています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年5月
9
       

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:39
昨日:218
累計:1,675,905