家族と一緒に過ごす時間が大きな幸福






[PR]



2011年08月19日(Fri)
家族と一緒に過ごす時間が大きな幸福
いよいよ8月も終盤に差し掛かり甲子園での高校野球も準決勝を向かえ岡山県代表の関西高校も準決勝をむかえます。

岡山県代表と言う事もですが、当社の社長と大工「まっちゃん」も母校という事で、毎試合事に応援にも熱が入ります。

初戦から毎回一戦、一戦、苦しい中で野球を続けてきた関西野球部の選手達には大きな感動があり、今日の準決勝も残念ながら負けはしましたが、最後に見せた選手達の清々しい姿に本当に勇気をもらえたようで感謝です。

そんな一日ではありましたが現場の方はこの暑さの中、大工職人たちが着々と工事を進めてくれています。

私も倉敷市上東でのファースの家新築工事現場で作業を続けましたが、こちらの現場はファースボードと呼ばれる外張り断熱材のボードを張り、アルミサッシを取り付けるまでが前半の山場になりそうです。

明日もこちらの現場にてサッシを取り付けるための窓台の組立などの施工が出来ればと思っています。

写真はお盆休みに淡路島の遊園地に行った帰りに香川県のイオン綾川に立ち寄った時に撮影した恐竜。

実際に動いたり、鳴いたりと迫力満点。

しかし本物ではないのでお姉ちゃんたちは怖がりませんが、2歳の末っ子長男「けいくん」は恐竜に近づくだけで大泣き・・・

この写真は遠くから徐々に慣らせて、ようよう子供たち全員で記念撮影を・・・

4年生になり外出先では弟の面倒を見てくれ意外と頼りになる長女「ふーちゃん」。

全く周りの事にはお構いなしで自分のペースで動き回る二女「なっちゃん」。

興味のあるものには真っ直ぐ突進、いつの間にか居なくなる三女「みーちゃん」。

そして、泣き始めたら私には手の付けようのない末っ子「けいくん」。

まだまだ彼、彼女たちとの外出は一筋縄ではいきませんが、子供たちの笑顔の先に私の幸福を感じれる時が確かにあります。

二度と帰らない今年の夏だからこそ後悔する事のないよう、一つでも多くのしあわせを感じれる時間を家族と一緒に過ごす事がとても大切に感じます。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年8月
 
19
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:164
昨日:306
累計:1,687,217