段々と形になるファースの家新築現場物語






[PR]



2011年11月02日(Wed)
段々と形になるファースの家新築現場物語
日中はとても暖かく現場での作業中は半袖でも良いくらいの気候です。

しかし、この時間からは肌寒くなり日中との温度差に体調を崩しやすくなっている近頃ですが・・・

何より今はやるべき事に全力を持って取組んでいるせいなのか、常に緊張感を持ち日々を過ごせしているためか?

今日も元気に倉敷市上東でのファースの家で作業に励めた事に感謝、感謝。

こちらの現場ではいよいよシステムキッチンが納品、今回はお施主さんの希望でTOTOさんのシステムキッチン「クラッソ」を手配。

今回は「まっちゃん」にも手伝ってもらい2人で取付スタートです。

実際に取付してみると、こちらのキッチンの良さが良く分かり、特に油汚れでお手入れが大変なレンジフードの作りはお見事。

現状知る限りではレンジフードのお手入れのやり易さはダントツかもしれませんね。

家事もスイスイと出来るように色々な工夫が凝らしてあり一見の価値は十分にあるようです。

勿論、取付の方もスイスイと、夕方には最終の仕舞を残し組立完了。

明日は外部足場の撤去という事で外装の仕上り状況のチェックを済ませ会社に戻ります。

そんな中、会社のパソコンが不調というトラブルに夕方より専門の方に見てもらい、今しがた復旧作業を終えやっとデスクワークに取り掛かれます。

バタバタとした一日ではありますが無事に一日を終えれた事にホッと一息付けそうです。

写真は倉敷市茶屋町でのファースの家新築現場。

こちらも外装の下地工事はほぼ終わり家の形がイメージでき始めました。

家の内部ではファース工法の最大の目玉でもある断熱材「エアライト」の吹き付けへの下準備が行われているようです。

順調に工事が進んでいて段々と出来上がっていく家の姿に目が離せませんね。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年11月
    2
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:156
昨日:244
累計:1,669,867