つくり手の顔が見える家づくりの先に・・・






[PR]



2011年11月04日(Fri)
つくり手の顔が見える家づくりの先に・・・
今日は朝から会社でデスクワークに励んでおります。

竣工を控えた物件の書類の作成や以前からご依頼いただいている見積書の作成とパソコンと格闘しながらもひとつひとつ作業を進めて参ります。

倉敷市上東でのファースの家新築現場でも外部の足場が外れたとの事で、今日から合併浄化槽の埋設や左官さんが基礎の仕上げ塗りや勝手口の踏み台などの工事に取り掛かってくれています。

トイレや洗面台などの衛生設備器具の搬入、玄関廻りのタイルの材料の搬入と普段は6〜7台は駐車できる広い敷地の中も工事作業車、納品業者さんの車でごった返しています。

そんな中でも関係業者のみなさんがキチンと現場でのマナーを守り道路などへの迷惑駐車などをする事も無く少し離れた指定の決められた場所へ車を止めてくれている所は本当にありがたい事。

本当に皆さんの気使いに感謝、感謝です。

そんな時間を縫ってのお施主さんと保険会社さんの火災保険の打合せに参加したり、金融機関さんとの住宅資金借入実行へ向けての最終打合せなどバタバタとした一日ではありました。

そんな業務を終わらせ夕方、現場に戻ると昼間はあんなに多かった職人さんも車もなくなり、只1人クロス職人の「高宮さん」が黙々とクロス施工を続けてくれています。

決して手を抜くことなく毎日、残業で頑張ってくれている姿を見てきただけに、残り僅かの作業に少し寂しい気も・・・

毎日、毎日、1人壁紙を貼り続けてきた彼の施工ぶりに一枚の壁紙の中にも沢山のお施主さんへの想いが詰まっている事に彼の施工姿から気がつきます。

こうした多くの職人さんの想いが詰まった家づくりを通して、竣工後も暮らす人とつくり手が共にしあわせを感じる事が出来ると確信できます。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年11月
    4
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:156
昨日:244
累計:1,669,867