職人さんの気遣い心配りが現場のマナーに・・・






[PR]



2011年12月06日(Tue)
職人さんの気遣い心配りが現場のマナーに・・・
今日もこの時間を向えパソコンの前に座り事務仕事を進めてひと段落付いた所です。

本当はまだまだ、する事があるのですが体の休息も入れながらでないと長い人生、体が持ちませんね。

最近、久しぶりに会う人に「疲れた顔してるね」と言われる事が多く、自分では自覚がなくとも人からそう見られる事が余り良くない気がしているため体調の管理には一段と気を付けなくてはなりませんね。

そんな今朝は総社市での住宅リフォーム現場へ向います。

今日から水道屋さんも現場に入り長屋に新しく新設するトイレの給水、排水などの配管を仕込みます。

和室の方では左官さんが綿壁を剥し新しい塗り壁の下地造りに励んでくれていて年末に向けての区切りを付けるために工事が進みます。

その後、こちらの現場を離れ倉敷市広江のお客さんより依頼のあった外壁の修理部分の現地を調査に向います。

こちらの現場では破風板と呼ばれる部分と屋根の瓦が接近しすぎているため、雨水などが塗装の裏面に浸透してしまい塗装が完全に剥がれています。

今回の修理では瓦と破風板との取合い部分に防水処理をキチンと施工した上で塗装する事が望ましい様ですが、先ずは何よりお客さんの方へ修理の予算をお伝えすることが優先。

早めに見積書を作成してお届けいたしますので今しばらくお待ちくださいね。

午後からも倉敷市茶屋町でのファースの家新築現場や岡山市の青江での借家のリフォーム現場を周ります。

そんな中、先月、設計事務所さんより依頼のあった某企業さんの事務所の改装工事が決ったとの連絡があり、施主さんのご希望により年内竣工を目指して工程の計画を練りますが・・・

12月との事で、どの業者さんも慌しくしている様で業者さんの手配が難航しておりますが、先ほどご希望の竣工予定に向けての業者さんの目処も付き先ずは一安心。

さて材料の色決めなどの手順もありますし、材料の方も早めにサンプルを用意しなくては・・・

写真は総社市での住宅リフォーム現場にて水道屋さんが長屋の土間に施してあるコンクリートを切断中。

最近のカッターは集塵機と呼ばれる掃除機にパイプを接続でき周囲に粉塵を撒き散らさないので周りにご迷惑をかけない工夫がされています。

そういった細かな気遣いがリフォームとなると本当に重要です。

ご近所さんもありますし其処に暮らしている人がいる家だからこそ、私が押し付ける事もなく、あくまで自主的に施主さん、ご近所さんにあたり前の気遣い、心配りをしてくれる業者さんに感謝ですね。




   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年12月
       
6

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:185
昨日:233
累計:1,687,471