工程を守る事の大切さ






[PR]



2012年03月15日(Thu)
工程を守る事の大切さ
気持ちの良い青空の下、今日も元気に現場へ向けて出発です。

「まっちゃん」が担当してくれている岡山市北区での外装改修の工事も木工事も順調に進んでいるという事で今日は左官さんも現地の下見に向ってくれています。

焼板の貼られた外壁も全面が真っ黒い焼板だと格好も悪いので、軒付近の壁は左官さんに依って漆喰にて仕上げる予定。

天気が良ければ明日からでも左官工事がスタートと言う事で工事は順調そう。

「しんちゃん」の担当してくれている総社市での住宅リフォーム現場では天井や壁の下地つくりへと大工工事は進んでいる模様。

照明の設置計画も決り、午前中は倉敷市内での住宅リフォーム現場で作業してもらっていた電気屋さんも、午後からはこちらの現場で配線工事の仕上げにと工事が進みます。

今月は何かと現場が重なり工程の面でも人事の面でもしっかりした計画をしておかなければ人手不足になってしまったり、工程の延長などのミスにつながる恐れが・・・

きちんとした計画を立ててしっかりと工程管理をしていかなければ・・・

写真は来週明けより本格的にスタートする岡山市南区での学習塾の増築工事現場。

基礎工事に備え、既存の建物から流れでる生活排水の配管を増築する建物にかからないよう移設している写真です。

こちらの工事も今日、明日の二日間での予定ですが特に大きな障害もなく明日には無事に移設工事も終わりそうな気配です。

ひとつずれると後々に大きく響く家づくりの工程です。

当たり前の事なのですが、当社のスタッフや多くの協力業者さんが工程の重要さをキチンと理解した上で家づくりが進んでいるあたり前の事に感謝です。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年3月
       
15

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:191
昨日:255
累計:1,686,431