皆が笑顔で取組める家づくり






[PR]



2012年03月24日(Sat)
皆が笑顔で取組める家づくり
昨日の雨もすっかり止んだ倉敷市の朝ですがやや風の強く少し肌寒い一日になりました。

そんな土曜日も朝から多くの人の笑顔としあわせを感じてもらえる家づくりを実践していきます。

そんな中、来週からスタートする倉敷市での外溝エクステリア工事に必要な材料の手配からスタート。

こちらは「小野くん」にお願いして境界ブロックの工事に向けて先ずはブロック400本と其れに必要な資材の運搬してもらいます。

他にもカーポートやアルミフェンスの手配など材料に漏れがないように発注しておきます。

午後からは「小野くん」と一緒に岡山市南区での学習塾増築の現場で既存の建物に合わせた寸法の最終チェックに向い、その足で夕方には総社市での住宅リフォーム現場へ・・・

こちらの現場では今日から外部の工事に向け足場の組立に入り、住宅のリフォームでは珍しいほどの職人さんの数。

鳶さん、左官さん、内装屋さんに大工さん、更には電気屋さんにキッチンの組立業者の職人さんと現場の中はてんやわんや。

しかし、キチンと互いに声を掛け合い、特に問題もなく順序良く作業が進んでいる所は本当に助かります。

勿論、複数の職人さんになれば顔見知りの方もいれば初対面の人もいてギクシャクするケースもあるのですが、何気ない一言を掛け合う事が先ずは大事ですね。

元請、下請、年齢の上下、そんな事にこだわることなく一つ現場で「良いものをつくりたい」と同じ思いで仕事をする職人としての最低限のマナーでもあるようです。

自分が声をかけなければ相手も声をかけてくれません。

しかし、自分が声をかければ相手も声をかけてくれる。

折角、一つ現場で共に仕事する仲間ならギクシャクしながら仕事するより、皆で声を掛け合える楽しい職場の方が良いですよね。

そういった事を実践して皆が楽しく仕事に取り組める現場の雰囲気つくりも私たちの家づくりには欠かせないようです。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年3月
       
24

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:110
累計:1,695,811