大工職人がつくるダイニングテーブル






[PR]



2012年04月20日(Fri)
大工職人がつくるダイニングテーブル
今日は朝から雨がパラパラと降る憂鬱な一日のスタートとなりましたが、当社の家づくりは今日も元気に始まります。

そんな朝の始まりはご近所でご依頼いただいているお宅へ内装の壁張りや建具の調整へ「しんちゃん」、「松下くん」と共に向います。

こちら築70数年というお宅ですが本宅と長屋の間にある外壁が随分傷んでしまい隙間風が入るのを防ぐ事が目的です。

流石に古い建物なので建物自体のよれやいがみもありますが、「しんちゃん」、「松下くん」の2人の大工さんが現地の柱や梁に板を切り合わせ丁寧に施工してくれて夕方にはバッチリと隙間風の入らない壁に生まれ変わりました。

お仕事をさせていただいた上に10時、3時とお茶にお菓子と出していただき本当にありがとうございます。

今後も何か御座いましたらできる限りの快適な暮らしのお手伝いを致しますのでお気軽にご連絡くださいね。

そんな中、私は午後からこちらもご近所さんからご依頼いただいている子供部屋の間仕切工事の現場へクロス屋さんと共に寸法取りに向います。

新築当初は子供さんも小さかったので大空間の子供部屋で生活していたのですが、段々と子供さんたちが大きくなり子供部屋を分ける工事です。

今回は子供部屋を壁で完全に仕切ってしまうのも・・・という事で扉での間仕切にて計画しています。

こちらも明日から大工工事に取りかかりますので、どうぞ宜しくお願いしますね。

写真は当社の加工場でテーブルの制作に励む「まっちゃん」。

長さ2.1m、巾1.1mの杉の一枚板をダイニングテーブルに加工してくれています。

もちろん材料が杉という事で経年変化に依る黒ずみを防止する目的での保護塗装も施しています。

手間がかかる作業ではありますが、お客さんの喜ぶ顔を・・・と丁寧に丁寧にダイニングテーブルを制作してくれていた「まっちゃん」の姿が印象的でした。

このダイニングテーブルを通して必ず暮らす人の毎日の食卓から始まる感動としあわせにつながる一品がになったと確信できます。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年4月
20
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:31
昨日:218
累計:1,675,897