地元の工務店だからできる家づくり






[PR]



2012年05月16日(Wed)
地元の工務店だからできる家づくり
今日も一日、現場作業に取組んできました。

朝からご近所での増築工事現場にて軒の造作工事に取り組みますが、1人での作業は思う以上に捗らない上に脚立を登ったり降りたりで足がクタクタに・・・

しかし、屋根の上では板金屋さんが鋼板葺きをスタート。

予め加工場で細かな部材を加工していた様で順調に屋根材が葺かれます。

それでも増築という事で既存の建物との取合いには難儀していた様子ですが、流石は熟練の職人さんだけあり現場加工もお手の物。

夕方には無事に雨の漏らない万全の屋根が完成です。

今日はこちらの現場を少し早めに上り、岡山市南区での学習塾増築現場へ。

本工事は竣工をむかえているものの追加でいただいた照明器具の取付に立会いします。

特に看板灯は学習塾の顔を照らす大事に灯りなだけに電気屋さんたちと微調整を繰り返しながら最も良い位置を照らすように施工します。

さて長かったような短かったような、こちらの「家づくり物語」も今日で一区切り付きました。

精魂込めてつくった建物だけに寂しい気持ちにもなりますが、ここからが「家づくり物語」の第二章。

工事が終わったから「さようなら」ではなく、これからもメンテナンスなどを通して、この建物を見守り続ける事が地元で工務店を営む私たちの本当の「家づくり」の始まりでもあるようです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年5月
   
16
   

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:205
昨日:307
累計:1,657,543