感動としあわせの家づくり物語 - 2008/11/24

生活・仕事・想いについて




[PR]



2008年11月24日(Mon)▲ページの先頭へ
健康に良い住環境とは?
人が生活するにあたって湿度は高すぎても低すぎても健康にはマイナスです。

湿度の大幅な低下はインフルエンザなどのウィルスの繁殖を活発にし、反対に多湿になるとカビやダニが発生しやすくなります。

近年は住宅の気密化が進んだこともあり、ダニのフンや死骸、カビなどのハウスダストによる喘息やアレルギー疾患が増加傾向にあります。

ダニは高温多湿の場所を好んで生息しますが湿度が70%以下の環境では繁殖しにくいことがわかっているため、調湿機能のある木材や調湿材はとても効果的です。

また、木の放つ芳香成分フィトンチッドには殺菌作用も含まれていて木の調湿機能と相まってダニの害を抑える効果も期待できます。

住まいは家族とともに長い時間を過ごす大切な場所です。

だからこそ目に見えない湿度まで健康で快適な住環境づくりに貢献できる木の家はとても素晴しいと思います。

今日も倉敷市内の新築工事現場に行ってきました。

一日あいにくの天気でしたので床の下地造りなどの地味な作業を行ないました。

屋根工事も途中のために雨漏りしていましたが、すぐに屋根屋さんに連絡すると30分位で来てくれとりあえず応急的に雨漏りの処理をしてくれました。

明日はまた屋根工事を行なうので再度、今日の雨漏り部分の点検と処置をしてくれるようにお願いしておきましたが、まずは休みのところ早急な処理をしてくれた倉敷の小野洋瓦さんに感謝です。

写真は今日より工事の始まった浴室のリフォーム現場の写真です。

在来風呂をユニットバスにする工事なのですが、既存のお風呂を壊してみると写真では見えにくいですが土台に水がまわっていて土台が腐りボロボロになっていました。

工事前より土台の腐食の想定はしていましたので明日には大工さんが新しい土台と入替え作業を行なってくれ工事も止まることなく順調に進んでいくので安心してくださいね。

ユニットバスは躯体への水漏れの可能性も低く長い期間で土台や柱の事を考えると在来風呂よりユニットバスがお薦めなのでしょうね。

在来風呂の方は浴室への入口の床がふわふわしていたら要注意ですよ。

このような場合は一度は専門業者へ診てもらった方が良いと思います。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
24
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:191
昨日:135
累計:1,686,176