感動としあわせの家づくり物語 - 2009/02/02

生活・仕事・想いについて




[PR]



2009年02月02日(Mon)▲ページの先頭へ
土地の履歴?
現在はきれいに造成された土地でも、その昔どのように利用されていたのかは気になりますよね。

このような履歴は、法務局の「公図」や「登記簿」で調べることができます。

家を建ててから、昔は墓地だった、工場跡地だったなどと知っても後の祭り・・・

田んぼや沼地だったという場合も、地盤調査の前にあらかじめ知っておきたいですね。

地名によっても土地の履歴を推測することもできます。

「川・沼・池・田」などがつく地名、地表を表す「谷、浜、沢、岸、窪」などがつく地名や、人工建造物を連想させる「堀、壕、堤、橋」などがつく地名は軟弱地盤の可能性が高いと言われていますので気になる方はシッカリ確認しましょう。

今日も事務処理に追われています・・・

パソコンのキーボードを打っても打っても終わる気配もありません・・・


まぁこんな日もありますよね・・・明日は現場仕事があるので、もう少し残業してでも頑張っておきたいと思います。

写真は基礎のアンカーボルトの写真です。

通常の物と比べるとナットの部分の形状が少し変わってますよね。

最近知ったのですが、このボルト土台を固定する時に土台の上にボルトが伸びない工夫がされています。

最近は根太を使わず土台に厚みが28oある合板を直接打ち付ける施工方法を取ることがあります。

そういった時に一回一回、合板を切り欠きしないで済むので大変便利ですね。

たまには金物のカタログを広げてみないと次々に便利な商品が出てますね。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
2

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:40
昨日:198
累計:1,669,507