感動としあわせの家づくり物語 - 2009/03

生活・仕事・想いについて




[PR]



2009年03月30日(Mon)▲ページの先頭へ
昔の建築の儀式
今でもそうですが、昔も建築工事は多くの大工や関連の職人さんたちの共同作業でした。

一人の勝手な行動や油断が危険な事故に結びつくこともあったようです。

そのため工事の節目ごとに「儀式」を行なう事があり、工事の安全を祈り、職人達の和を作るなど重要な意味合いを持っていたようです。

19世紀初めに大工の儀式について書かれた「匠家故実録」には工事の初めに行なう「地鎮」、「地曳」、「龍伏」、「初釿」、工事途中の「清鉋」、「立柱」、「上棟」、完成時の「家堅」の八つの儀式が記載されているそうです。

中でも棟上げを祝うことは特別の意味があり、現在でも多く見られ、この節目は建築の骨格が出来上がった段階であり、職人達が多く集まる時期だからとされています。

祭壇を設けて棟用具を飾り、米・餅・酒などのほかに海・山・里の幸を供えます。

建物が末永く栄えますようにと祈る祝詞を棟梁があげ、棟木を上げることを意味する「曳綱」、棟木を打ち付けることを意味する「槌打」などの儀式がおこいました。

また、屋根の上から餅や上棟銭を賑やかに撒いて、皆でこれまでの工事の無事を祝いそして工事の完成を祈ります。

このときに用意される棟札は、棟上の年月日や棟梁の名前など工事の記録を後世に残すもので、神幣などの上棟用具と一緒に屋根裏などに保管しているはずです。

現在は家に相場が付けられ普通に販売されていますが、昔は地域の人や職人と一緒に行なう作業であり、家を建てる事はちょっとしたお祭りのような物だったのかもしれませんね。

そして、完成した後も家が痛んだり損傷があった場合は家を建てた時の棟梁が手を入ていたようです。

このように昔の大工さんのような家を建てる側とそこに住む人の関係にはとても憧れます。

私自身も建築を通じて地域の人とこのような存在になれるように努力して行きたいと思います。

写真は倉敷の某観光名所の施設の屋根の改修のため、作業場で大工さんが加工を行なっている時の物です。

今回は以前の屋根が杉皮葺きなので現状の仕上に合わせ杉皮を葺く計画になっていて、杉皮を押える竹の加工を行なっています。

最近では屋根に葺くことがほとんど無いため、私自身も知識も少なく今回は社長が色々と指示を出しながら工事が進んでいっています。






writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2009年03月27日(Fri)▲ページの先頭へ
お風呂の今と昔
エコキュートは大きく分けてフルオートタイプとセミオートタイプがあります。

フルオートタイプはワンタッチで好みの温度にしてくれるだけでなく、適量のお湯張り、適温で保温し浴槽の湯が少なくなったら足し湯まで自動で行ってくれます。

セミオートタイプは保温の代わりにリモコン操作の高温差し湯で対応します。

タンク内の高温の熱、つまり深夜に沸かしたお湯を利用して浴槽の冷めたお湯を温め直す「浴槽追炊きタイプ」もあります。

燃焼させる必要がないため動作音も静かなので、深夜の入浴も気兼ねなくできます。
我々の生活スタイルに合わせてお風呂も着実に進化を続けています。

風呂のお湯がぬるかったのでお湯を足したら熱くなりすぎた。
お風呂のお湯を張っているのを忘れ、浴室が水浸しになった。などそんな失敗が昔話になりつつあります。

今日は倉敷市内の某病院の施設を工事させていただいた物件の追加工事に行ってきました。

昨日とうって変わり、肌寒い一日になりました。

今では住宅の外装にほとんど使わなくなった下見板の写真です。

見ての通り板の塗装も痛み部分的には穴も開いている様子で部分的に板を張替える作業を行ないました。

月曜からは塗装屋さんが塗装を行なってくれるようになっているので早めに塗装できる用意をしておこうと思います。






writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2009年03月24日(Tue)▲ページの先頭へ
シーリング材の選び方?
建物で使われているシーリング材は主に変成シリコーン系の製品が主流だと言われています。

他にもシリコーン系やポリウレタン系などのバリエーションがあります。

しかし、シーリングに詳しくない人がこれらの中から最適な材料を選ぶのは簡単ではありません。

施工する部分が金属か久窯業系サイディングかガラスかなどで違うからです。

例えばポリウレタン系の一部の製品は塗料を上塗りできるメリットがありますが紫外線を苦手としていて、太陽光が長く当たる外壁などの場合はシーリング材の上に保護処理が必要となります。

柔軟性を保つためにシーリング材に添加している可塑材は、上に塗装した塗料を溶かし、壁を汚してしまう「ブリード現象」を起こしやすいでしょう。

汚れを気にするなら、可塑材を含まない「ノンブリードタイプ」か周囲の色にあった着色タイプを選ぶと良いでしょう。

一般に小さなリフォームなどの工事では専門知識を持たない大工さんなどが雑工事として施工を行なっているような場合も多く見受けられますが、キチンとした防水処理やシーリング材の性能を100%発揮できる施工を求めるなら専門業者さんに依頼するほうが確実でしょう。

今日は岡山市内で以前ファースの家を建てさせていただいたOBさんより別棟の倉庫の片付けを行なうので、使える物があれば持って帰って欲しいとの事で行ってみました。叔父さんが昔、大工をしていた事もあり、たくさんの道具や木材をいただけることになり今日一日では終りませんでした。

昔の大工道具もあり使い方の分からない道具も多くあり弊社社長の説明を受けながら、昔の大工さんの仕事風景を知ることができ大変勉強にもなりましたよ。

写真は全然内容は違うのですが倉敷の某ラーメン屋さんで弟が注文したトンカツラーメン?なるものです。

ネーミングの通りラーメンにトンカツが入っていると言った意味不明なラーメンです。

さすがにラーメンにトンカツは・・・と思うのですが弟の感想では「美味しい」とのこと・・・

次回は私もトンカツラーメンに挑戦してみようかなと思っています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2009年03月19日(Thu)▲ページの先頭へ
古い木造建築が倒れない訳?
社寺仏閣、民家・町家など日本には木で出来た建物が数多く残っています。

阪神大震災に遭った神戸市内でも築100年を超える社寺が壊れなかった例もあるそうです。

しかし、これらの金物なので補強されていない建物がなぜ大震災でも倒れなかったのか?

その理由は、地震に遭った際にも、建物の傾きの限度を超えなかったからだといわれています。

つまり、オモチャの「やじろべえ」と同じ原理だと言われています。

地面が地震などで動くと建物がバランスを崩しそうになる。そこでバランスを保つため、揺れと逆方向に傾き、力を釣り合わそうとします。

一方、地球上のすべてのものには重力がかかっていて、傾きが限度を超えると、柱が折れたり外れたり、屋根の重さを支えられなくなる。つまり「倒壊」です。

明日は古い建物がどうやってバランスをとっているのか考えてみたいと思います。

今日は岡山市内で門の修理に行ってきました。

3月中頃とはいい温度も20℃をこえているのではないかといった陽気でしたね。

今回の物件は木造の門が傾いているので、外壁のブロック塀と門をボルトで固定する作業でしたが思ったより順調に作業も進み、今日は久しぶりに会社に早く帰社できました。

写真は倉敷市内で某ゼネコンさん依頼で行なっている某病院施設の休憩所の写真です。

こちらも工期が少ない中、進めているのですが今日、明日がいよいよ大詰めです。

デザインも和風な造りの休憩所でとても感じの良い建物ですね。




writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
       

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:185
昨日:233
累計:1,687,471