感動としあわせの家づくり物語 - 2009/12/29

生活・仕事・想いについて




[PR]



2009年12月29日(Tue)▲ページの先頭へ
地震のエネルギーって?
マグニチュードが1増えると地震のエネルギーは約32倍になると言われています。

マグニチュードが2増えるとその倍数32×32=1024培になるそうです。

関東大震災を引き起こした関東地震はマグニチュード7.9と言われていますから、そのエネルギーはマグニチュード6クラスの中規模地震の千回分に相当するエネルギーになります。

マグニチュード8の地震エネルギーは電力に比較すると出力175万kWの発電所が一年間に発電する電力量に相当します。
物を持ち上げる場合のエネルギーに換算すると7億トンの重量を10km持ち上げるエネルギーとなります。

しかし、マグニチュードの大きな地震でも震源から離れれば揺れは弱くなりますし、逆に小規模な地震でも震源に近いと揺れは大きくなります。

この様にマグニチュードと震度とは距離が関係するので必ずしも比例しませんが、地域的に巨大地震と同じ様なエネルギーで地震が発生し局地的に被害を大きくするからです。

今日は会社で年末年始の休みに入る前に最終の事務仕事を行なっています。

写真は先週、倉敷で上棟の日を向えたファースの家新築工事のモノです。

今回は大工さん4名と私、社長も現場にて弊社総動員の上棟となりました。

柱を建て梁を組み、母屋を乗せ、そして最後に棟を上げましたが、今回の現場ではお客さんの要望で餅投げをしたいとのことで、作業も早めに切り上げ餅投げの準備に取り掛かりました。

前もって近所の方にはお知らせしていたのですが、作業も終わりに近づくと徐々に人だかりができ、いよいよ餅投げのスタートです。

四方に配られた餅を順番に落として行き、最後にお菓子やお餅をなげました。

この餅投げも最近ではあまり見かけなくなりましたが、家を建てることは本当に人生で大きなイベントでもあり、家を新築できる事はとても幸せな事だと思いますし、この幸せを多くの人と分かち合う事がこの餅投げの醍醐味でもありますよね。

餅投げに限らず幸せだと思う事を他人に伝えて一緒に喜べることは、私たちにとってとても大切なことだと思いました。

最後になりましたが今年一年、色々な事がありましたが、私に関わってくれた多くの人たちに感謝したいと思います。

来年も是非、皆様の幸せのお裾分けよろしくおねがいしますね。





   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年12月
   
29    

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:114
昨日:164
累計:1,681,634