感動としあわせの家づくり物語 - 2010/02/16

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年02月16日(Tue)▲ページの先頭へ
木は天然のエアコンって?
木は空気中の湿気を吸い込んだり、吐き出したりする調湿効果をもっています。

このため仕上材に木をふんだんに用いた木造住宅は、室内の湿りすぎ、乾きすぎを抑える事ができます。

木の調湿効果を具現化した代表的な木造建築物の例は奈良、正倉院の板倉造りです。

正倉院の中の宝物が千古の昔からいまだにキチンと保存されているもの、倉の中の調湿が木材によってうまく行なわれてきたためです。

木は加工された後も息をしています。湿度が高いと吸湿し、乾燥すると湿気を放出しますので、これが木は天然のエアコンと言われる所以だと思います。

写真は倉敷で建設中のファースの家です。

空調屋さんが屋根裏のベースエアコンの取付を行なってくれています。

天井から吊るしたボルトにエアコンを吊り込み、配管を接続していきます。

夏場はこのエアコン一台で1階2階全館を冷房することが可能な上、床下に敷きつめたシリカゲルの調湿効果もあり湿気の高い梅雨時期でも床下から天井裏まで湿度を40%〜60%に保つことができます。

快適な住環境はもちろん、床下にもサラサラの空気が流れているので土台や柱などの木材の腐食も防げる仕組みにもなっています。

家の健康は床下の状態を見れば大体分かります。床下が湿気ていたり、カビ臭かったりする場合は早めに工務店に見てもらうと安心かもしれませんね。

ファースの家の詳しい仕組みが知りたい方は是非、弊社のホームページをご覧ください。




   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
16
           

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:224
昨日:253
累計:1,686,971