感動としあわせの家づくり物語 - 2010/04/17

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年04月17日(Sat)▲ページの先頭へ
古い木造は変形することで耐える?
建物には、建物が傾こうとするのに抵抗する要素、つまり水平の強度が必要になります。

例えば現代の木造住宅では耐力壁がその役割りを担っています。

しかし、壁のない古い構造では、例えば柱と梁の接合部分がその代わりになっています。

ホゾで接合した部分では建物が傾きかけると木同士がめり込み摩擦力が発生し、柱と梁が離れようとするのに抵抗します。

梁の場合は柱に対し直角に差し込まれていますが、摩擦力はこの角度が変わることに抵抗します。

しっかりと造られている建物は、柱のホゾ穴に梁を差し込む際、穴より少しだけ太く加工し力ずくで打ち込んでいます。これにより摩擦力をより高めています。

建物が傾くと、そうした部分以外にもめり込む部分がでてさらに抵抗が大きくなります。

古い建物の構造の最大の特徴は、摩擦やめり込みで横方向の力に抵抗すると同時に、構造がどんどんかみ合っていくことにあり、このため相当のところまで変形しても重力に抵抗し、ギリギリまで屋根を支えてくれます。

つまり、古い建物は適当に動くことにより地震の力を逃がすの効果があったと思います。

今日は会社で、新しい物件の積算を行なっています。

外は久しぶりの晴天でどこかに出かけたくなるような天気ですね。

そんな時に嫁さんから近所の住宅展示場で風船がもらえるイベントがあり、お昼休みを利用して私と嫁と長男で住宅展示場に行ってきました。

住宅展示場をウロウロしながらお目当てのメーカーさんへたどり着いたのですが、簡単に風船がもらえる訳でもなく、まずはモデルハウスの中を見学させていただきました。

場内で営業マンさんに案内されながら、嫁と子供を連れてグルリと一周。

建物の構造の仕組みや断熱の仕組み、防音性能や耐火性のなど、色々と説明してもらいましたよ。

お目当ての風船ももらえましたし、たまには住宅メーカーさんの建物を見るのも楽しいですね。

写真は先日、弊社のしんちゃん・まっちゃんが仕事用の車の掃除をしていた時の写真です。

数日前のブログでも紹介した水島アルミさんに習って、二人で写真の車と2tのダンプを掃除してくれていましたよ。

大切に使えば長く乗れる車ですし、いつも作業中は現場に止る車なのでいつも綺麗にしておきたいですね。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年4月
       
17
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:106
昨日:244
累計:1,669,817