感動としあわせの家づくり物語 - 2010/04/29

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年04月29日(Thu)▲ページの先頭へ
珪藻土の塗り厚
珪藻土は各メーカーにより「標準塗り厚」は様々です。

標準塗り厚とは十分な吸放湿性を発揮し耐久性を満たすための必要最低限の塗り厚と考えましょう。

しかし、単に厚ければよい、薄ければ悪いというものではありません。

同一の製品なら厚めに塗った方が吸放湿性は上がると言われています。

ただ、厚塗りだと2回塗りが必要な場合があり、また1回塗りでも下地次第では下塗り材の必要な場合もあるなど、施工条件により施工コストは大きく変化します。

通常、珪藻土入り左官材には珪藻土の固定材として、セメントや石灰、合成樹脂などが良く使われます。

ちなみに、合成樹脂を使うと施工性は上がりますが、含有量が増えれば吸放湿性は下がると言われています。

このような事からも珪藻土塗りの価格は材料や施工性で大きく変化します。

同じ商品でも施工方法の違いや塗り厚によって価格が変わることがありますので、良く施工店と打合せしておくと良いでしょう。

今日は岡山市へ玄関のサッシュの取付に行ってきましたよ。

祭日と言うこともあって朝はスイスイ現場へ行けましたが、帰りはもちろん渋滞でした・・・

作業の方も、もちろん順調に進みお客さんも明日から玄関の出入りが楽になりますよ。

最近、事務仕事で現場に出る機会が少なかったのですが、やっぱり自分で作業して出来た仕事でお客さんが喜んでくれると私もとても嬉しいです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年4月
       
29  

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:307
累計:1,657,341