感動としあわせの家づくり物語 - 2010/04

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年04月30日(Fri)▲ページの先頭へ
自然素材を使えば安全?
シックハウス症候群への対策として、これまで使用されてきた新建材を自然素材へ切り替えることは確かに一つの解決策になると思います。

ただし、自然素材であっても、外敵に抵抗するため天然の化学物質を生成・放散している事はご存知ですよね。

昨今、住宅の気密化が進む中で、自然素材に含まれる化学物質についても適切な対応が必要ですね。

たとえば、自然塗料ですが、原料にはホルムアルデヒドは含まれていません。

しかし、塗料に含まれる植物性油中の成分が乾燥中に化学変化を起こし、もともとふくまれないホルムアルデヒドが発生する事例もあるそうです。

このような事からも自然素材だから手放しで安心ですとは言い切れませんね。

ただし、天然素材から発生するホルムアルデヒドは施工後1週間から2週間で低減されるのに対し人工的に添加されているものは5年くらいかかるそうです。

もちろん、施工時の換気や自然塗料の使用量を守る事が大切ですし、きっちりと計画換気をおこなう事は言わずと必須になってきますね。

今日は月末ということで会社で事務仕事を処理しています。

連休前と言うこともあり現場の方も家のスタッフが片付や掃除、調整工事など施工中の現場やOBさんの所へ一日中グルグルと回ってくれました。

かと言って明日から休みな訳でもなく明日・明後日は某ゼネコンさんの依頼で倉敷の自動車学校の修繕工事に行ってこなくては・・・

写真は弊社に設置している自動販売機です。

こちらは場所だけ提供させていただいているので管理自体は販売店さんがおこなっています。

定期的に中身の商品が入替されるのですが、これが、なかなか考えてあるようで売れ筋の商品や季節的に良く売れる商品などキチンと計画的に管理しているようです。

弊社の近所には、なかなか歩いて買いにいける距離に自動販売機が無いため、私自身とても重宝していますが、近所の子供や散歩途中の人など意外と大勢の方がこの自動販売機を利用してくれているようです。




2010年04月29日(Thu)▲ページの先頭へ
珪藻土の塗り厚
珪藻土は各メーカーにより「標準塗り厚」は様々です。

標準塗り厚とは十分な吸放湿性を発揮し耐久性を満たすための必要最低限の塗り厚と考えましょう。

しかし、単に厚ければよい、薄ければ悪いというものではありません。

同一の製品なら厚めに塗った方が吸放湿性は上がると言われています。

ただ、厚塗りだと2回塗りが必要な場合があり、また1回塗りでも下地次第では下塗り材の必要な場合もあるなど、施工条件により施工コストは大きく変化します。

通常、珪藻土入り左官材には珪藻土の固定材として、セメントや石灰、合成樹脂などが良く使われます。

ちなみに、合成樹脂を使うと施工性は上がりますが、含有量が増えれば吸放湿性は下がると言われています。

このような事からも珪藻土塗りの価格は材料や施工性で大きく変化します。

同じ商品でも施工方法の違いや塗り厚によって価格が変わることがありますので、良く施工店と打合せしておくと良いでしょう。

今日は岡山市へ玄関のサッシュの取付に行ってきましたよ。

祭日と言うこともあって朝はスイスイ現場へ行けましたが、帰りはもちろん渋滞でした・・・

作業の方も、もちろん順調に進みお客さんも明日から玄関の出入りが楽になりますよ。

最近、事務仕事で現場に出る機会が少なかったのですが、やっぱり自分で作業して出来た仕事でお客さんが喜んでくれると私もとても嬉しいです。



2010年04月28日(Wed)▲ページの先頭へ
高効率LEDライト
高効率LEDライトって?

地球温暖化防止のために今できることはCO2の削減ですね。

地球温暖化は我々人類が直面している最も大きな問題の一つであり、様々な分野で対策が計画実行されています。

照明分野では高効率照明の普及(LED照明)として位置づけられているようで、2010年に340万tのCO2削減が目標として設定されているようです。

LEDとは電気を流すと発光する半導体の一種らしく、発光ダイオードとも呼ばれています。

また、器具性能として白熱電球のエネルギー消費率の1/5以下、価格差は3.8倍以内の目標が設定されています。

今後はこのようなLED照明器具の選定を視野に入れておく必要がありそうですね。

この度、倉敷市では一般家庭向けのLED照明の購入費用の補助金制度が始まりましたね。

補助金の交付の条件としては倉敷市内に住所を有している世帯主・自己の居住する住宅にLED照明を設置した人・市税を完納している人となっています。

LED照明を検討されている倉敷市民には嬉しい制度ですね。

詳しくは倉敷市のホームページよりご確認ください。

写真はこの度、三菱電機さんから新しく発売される液晶テレビ&レコーダーのカタログです。

こちらの商品は7月末まで弊社でも一般のチラシで出されているくらいの販売価格でお分けする事ができますので、特に家電屋さんなどとお付き合いない方など興味があれば是非どうぞ!

今日から倉敷の呼松にて住宅の修繕工事が始まりました。

GWまで余り余裕がないため、各業者さんを含めて段取り良く工事を進めていかなければ・・・

明日は祭日ですが、こちらの現場を弊社のスタッフに任せ岡山市での玄関サッシの取替え工事に行ってこようと思います。



2010年04月27日(Tue)▲ページの先頭へ
珪藻土って?
珪藻土とは海底にいた積した植物性プランクトンの化石です。

多孔質で吸放湿性が高く、左官材に使うと調湿効果もあり結露抑制効果も期待できます。

しかし、珪藻土入り左官材は、製品それぞれで珪藻土以外にどんな成分を含むのか異なり、吸放湿性能や価格に差があります。高額な製品は吸放湿性能を高めた物が多いといっても間違いではないでしょう。

左官材の主要成分を公表するメーカーの中には、珪藻土の含有率を公表している物もありますが、珪藻土の含有率と吸放湿性の高さとは必ずしも比例しません。

吸放湿性は、珪藻土の質や他の成分との相乗効果で決るのが一般的で吸放湿性の性能数値を表示するメーカーも見受けられますが、テストピースの作り方や気温、湿度の条件も各社バラバラで公平な数値とはまだまだ言えないようです。

珪藻土の吸放湿性能を期待して施工を検討されている方は、より性能に対しての下調べが必要となるように思います。

今日は倉敷の某施設の改修工事に行ってきました。

朝から風が強くて雨が降り続きましたが屋内での施工の為、工事は順調に進みましたよ。

写真は昨日の現場で撮影した【オシギリ】という道具なのですが、木材の端を直角に真っ直ぐに切ったり角度を付けて切ったりする時に使用しています。

主に内装の巾木や廻縁と言った洋風造作材などの木材同士の取合い部分や接合部分の切断などに利用されている便利な道具の一つです。



2010年04月26日(Mon)▲ページの先頭へ
高気密高断熱で住宅の長寿命?
エネルギーの消費量を削減する国の政策が後押しする形で、急速に進んできた断熱、気密性能の強化ですが、省エネ以外にもメリットが多く、そのうちの一つはヒートショックの解消です。

特に高気密・高断熱の場合は全館冷暖房が基本となるのでヒートショック対策としての役割を果たします。

他にも結露を防止して住宅の長寿命化にもつながり、カビや腐食菌の発生を防ぐことも出来ます。

省エネ効果は地域によって異なる場合もあります。北海道や東北などでは暖房エネルギー消費量を大幅に削減できます。

しかし、関東より西の地域では逆に増える場合もありますので注意が必要です。

高気密、高断熱住宅では全館冷暖房が基本になるので一般の住宅よりも冷暖房面積は増えます。

熱損失が少ないので冷暖房の効率は高まりますが面積の増加によってエネルギー消費量は増える場合もありますので、各メーカー・工務店に相談してみると良いでしょう。

私たちがお薦めするファース工法では断熱、気密性能と光熱費のシュミレーションソフトを使い一棟一棟、住宅の性能と光熱費のシュミレーションをご提案させていただいています。

このように高気密・高断熱住宅は全館冷暖房が基本です。局所冷暖房の場合は気密、断熱性能が不足している場合もありますので高気密高断熱住宅の名前だけに惑わされないよう注意して下さい。

冒頭にも書きましたが住宅の気密断熱性能は国の政策の中、急速に進んできたため住宅を作る側も気密断熱性能に理解が少ない場合もあると言った話を聞くことがあります。

このようなメーカーや工務店に頼むと断熱気密性能が出ない場合だけでなく、住宅の寿命を縮めてしまう施工を行われる例もありますので、キチンと勉強しているメーカーや工務店にお願いするのが良いでしょう。

今日は倉敷の民家か修繕工事の現場へ材料を運んだり、岡山市の改修工事現場の最終の調整に出掛けたりと、ウロウロしています。

倉敷の民家の修繕工事の方は無事に終了。明日は土曜日に解体した倉敷の某施設の現場の方へ造作工事に入らなくては・・・

こちらも明日中には施工を完了させておきたいと思います。

写真は昨日の日曜日に子供たちを連れてドイツの森へ遊びに行った時に撮った写真ですが、昨日は天気も良いせいか、こちらの施設も大勢の人で賑わっていましたよ。

私は基本的に遊びの時は人の多い所が好きです。

時々「人ゴミの中は嫌い」なタイプの方からはいつも不思議がられますが、別に好きな理由がある訳でもないのですが人が多いと何故かテンション上がりますよね。

車の渋滞は余り好きではありませんが乗り物・食べ物などの順番待ちも意外とOKなんですよ。

そんな訳で、GWとか大型連休は何処に行っても人が多いので、毎日、色々な所へ出かけて連休の最終日には疲れ果ててしまうと言った過ごし方を毎年しています。

今年のGWの最終日はゆっくり過ごそうと思っていますが・・・

あ、反対に遊びに行って人が少ない所は嫌いです。

なので平日が休みになると困ってしまいます。



2010年04月24日(Sat)▲ページの先頭へ
除湿機の除湿性能とは?
これから梅雨にむけて天気の悪い日が続き、岡山でも室内の湿度も相当高くなりますね。

そんな時の湿度管理で思いつくのは除湿機ですね。

この除湿機の除湿方式は「コンプレッサー式」と「デシカント式」の2つのタイプに分類できます。

「コンプレッサー式」の原理はエアコンと同じで熱交換器を冷やし結露水をつくり除湿します。

「デシカント式」は乾燥剤に水分を吸着させて除湿し、吸着した水分を内蔵ヒーターで温めて分離させます。

デシカント式はヒーターを使うためコンプレッサー式より室温が上昇してしまいます。

どちらのタイプも一年を通して除湿することは可能ですが、室温が低くなると除湿性能が低下してしまいます。

特に空気の温度差を利用して結露水をつくるコンプレッサー式は、冬場寒くなる部屋では除湿量が極端に減ってしまいますので注意してください。

使用する季節やお住まいの地域を検討してどちらのタイプにするか考えておくと良いでしょう。

今日は倉敷の某施設の改修工事に行ってきました。

晴れているのかと思いきや気が付くと雨が降っている変な天気でしたね。

今日はとりあえず、間仕切の撤去などの工事を主に行なってきましたが、壁の中に鉄骨などがあり思ったほど作業がはかどりません。

そんな中でもまっちゃん・しんちゃんコンビはドンドン作業を進めていきます。

撤去しづらい部材も黙々と地道に作業していく姿はやっぱり職人ですね。

写真は以前、打合せにいつもお世話になっている備前アルミさんの会社の隣にある資材置き場を撮らせていただきました。

こちらは薪ストーブの販売もされていて、その燃料になる薪を備前アルミの社長自ら山に登り木を切って持ち帰り、こちらの資材置き場に大量にストックしてあります。

備前アルミ建材さんのホームページもリニューアルされていますので薪ストーブに興味のある方は一度見て下さいね。



2010年04月23日(Fri)▲ページの先頭へ
エアコンの除湿機能とは?
エアコンの除湿機能には「ドライ機能」と「再熱除湿機能」があり、安定的に除湿効果が得られるのは「再熱除湿機能」です。

「ドライ機能」とは実は「弱冷房」のような運転で、運転時に熱交換器の表面に生じるドレン水を利用して除湿しています。

部屋を冷やし過ぎないように運転開始時の室温から一定以下にならないように運転を調節しているため、除湿量と到達湿度がその時々で変化します。

「再熱除湿機能」が搭載されたエアコンは、このような点を改良しているものだと考えてください。

エアコン自体に再熱装置が組み込まれていて、室温を調節しながら除湿運転を続ける事ができますよ。

また、エアコンの除湿性能は一般に外気が下がると低下しますが、このタイプの中には換気機能と付けて除湿性能を補っている機種もありますので家電屋さんやメーカーさんに問い合わせてみてください。

今日は某新聞社さんの企画でインターネットで地域のプロを紹介すると言った企画の取材を受けました。

企画会社の方から弊社の家づくりの理念や私自身の家づくりの想い、はたまた私の経歴など色々と質問をされましたよ。

一口に家造りの想いや私自身の経歴と言われても簡単な言葉では中々難しくて、ついつい質問に長々と返事はさせていただきましたが・・・

担当の方はこれを短い文章にまとめるのは大変でしょうね・・・

その後に写真を何枚か撮られたのですが、これもポーズと言うか顔を作るというか難しいものですね・・・

写真は作業風景を撮影したいとの担当さんの提案で使った道具ですが、【墨つぼ】と言う建築工事には欠かせない道具です。

この墨つぼ、大工さんに限らず、現場監督の方から様々な職種の職人さんが比較的、長い距離に真っ直ぐな印を付ける時に使います。

普段は自動巻きの墨つぼを使うのですが、きざみ仕事の時の丸太や梁、柱などの墨つけ作業の時にはこちらのタイプの墨つぼの方が使いやすいですね。

平らな所へ正確に真っ直ぐに墨を打つのもコツがいりますが、丸太や凹凸のある場所などの曲がったり変形した物の時の芯の墨打ちの時は特に注意して作業しないと墨が真っ直ぐにならない事もありますよ。



2010年04月22日(Thu)▲ページの先頭へ
外壁通気層の正しい厚みは?
現在ではサイディング外壁に限らずモルタル外壁にしても外通気工法は必須ですね。

外通気工法とは外壁の断熱材に溜りがちな湿気を空気と一緒に動かしてやる事で、カビ・ダニの発生を抑えたり断熱材の効果をきちんと発揮できるようにする、見えない部分ですがとても大切な役割りを果たしています。

この外通気工法、躯体の通気層は最初出来た頃は縦横胴縁だったそうです。

厚みも15oがよいのか18oが良いのか色々と議論があったそうです。

当初のイメージですと通気層の中の空気の流れは、小屋裏の中が熱くなるからその浮力によってスッと空気が流れるというイメージがあったそうです。

その後、風洞実験で分かったのは、風が吹くとその空気の流れが大きく変わり、逆方向、つまり上から下へ流れる事もあるということが分かったそうです。

そして、理論的実験の結果、通気層は湿気を出すという機能については厚みが10oを超えていれば、おおむね良いという結果が出たそうです。

ただしそれはきちんと通気層が確保されている場合であって、実際の現場では断熱材の飛び出しなどがある事もありますので通気層の厚みは18oは確保しておきたいですね。

今日は倉敷の住宅へエアコン取付の為の壁補強の工事に行ってきました。

以前は壁へ埋め込み式のエアコンが付いていましたが、これを取り外して以前エアコンのあった開口に下地を組み合板を貼ってきましたよ。

不安定な天気が続いていますが、そろそろエアコンを作動させる準備が必要な時期となってきましたね。

弊社でも様々なタイプのエアコンを取り扱っていますので、省エネ型のエアコンに買い換える際には是非、ご相談下さいね。

写真は岡山市でリフォームを行なっている現場です。

内装の塗装・クロス貼りも作業終了。明日からはいよいよ設備機器の取付に入っていきます。

写真に見える壁に付いている棚は以前、こちらのお家にあったものです。

多分、新築された時の大工さんが作った物と思いますが、これがなかなか作りもしっかりしているので、塗装屋さんに綺麗に色を塗りなおしてもらい、ユニットバスとの境のk壁に取り付けて再利用させていただきました。

一般の工業製品とは違い、材木で作った物は削ったり色を塗り直したりしてやる事で形を変えて長く使ってやる事が出来ますね。



2010年04月21日(Wed)▲ページの先頭へ
フラット35
フラット35は、民間金融機関が住宅金融支援機構と提携して実現した全期間固定金利の住宅ローンです。

申込要件などの主な概要は機構が定めているので全国共通です。

しかし、金融機関が提供するローン商品なので、融資金利や手数料、申込時の提出資料などは各金融機関によって異なりますよ。

このフラット35、全期間固定金利が魅力で、保証料や繰上げ返済の手数料・条件変更手数料が不要というメリットもあります。

また、平成21年6月の経済危機対策による制度改正により、建設費・購入価格の100%以内の利用も可能になり、さらに利用しやすくなりました。

またフラット35Sと言ったフラット35を申し込んだ人が、省エネルギー性や耐震性などの一定の技術基準を満たす住宅を取得する場合に、金利を引き下げる制度もあります。

こちらは当初10年間の借入金利が、年1.0%引き下げられますよ。

写真は岡山市で行なっている改修工事の現場で倉敷市のイタノ塗装さんが外壁の色の調合をしていた時のものです。

既存の外壁の色がベージュなので現状の色に合わせるのに塗料を調合しているのですが、一口にベージュ色といっても明るいものから暗いものまで、もの凄いパターンがあるようです。

基本のベージュ色に写真のような赤や黄色を混ぜて、現場の外壁に最も近い色を作ってくれています。

微妙な塗料の配合加減で既存の色と全く同じ色を作っていく塗装屋さんに大変感心しました。

やっぱり、プロは凄いですね。



2010年04月20日(Tue)▲ページの先頭へ
木造住宅に金物が大事な理由とは?
単純な定義では耐震構造とは建物の水平強度を高め固くする事だと考えられてきました。

しかし、地震が起きれば水平方向のエネルギーが発生します。

強度が高いということは、エネルギーが集中する部分を作り出すことにもつながるため、必ず良いことばかりでは無いといった考え方が最近言われ始めました。

例えば仕様規定に従い、壁倍率を高めた木造住宅を設計した場合、壁倍率を高めるほど、柱端部の金物に必要な強度は大きくなります。

一方、変形型の建物のエネルギー減衰性能を厳密に想定するのは、木造では非常に難しいとされています。

減衰性能を可能な限り数多く存在させる事が大事になります。

変形性能を維持し続けるには、木材が腐ったりすき間が出来た際などにメンテナンスが欠かせない。

メンテナンスが重要なのは実は強度型も同じで、度重なる地震や台風などによってダメージが蓄積されていくからです。

つまり直しやすさも実は耐震性に直結しているのです。

そして、建てた家を一番理解している施工したメーカーや工務店と長く付き合い、メンテナンスを行える関係であることが非常に大切になると思います。

今日も会社で事務仕事を進めています。

新しい物件の積算を行ないながらも、ゼネコンさんの依頼のあった増築工事の方も納入業者さんとの材料の詰めを行なっていますが、あちこちの現場の書類で机の上も整理しないと・・・

今日は会社の前の自動販売機でコーヒーを買おうと、ウロウロしていると中学校の同級生からいきなり声をかけられ話を聞いていると家を計画しているとの事。

偶然、弊社の近くの土地を見に行った時に私の事を思い出してくれたようで、夕方いつもお世話になっている設計士さんが丁度、時間が空いているとの事で一緒に同級生のお宅へプランの希望のヒアリングをさせていただきました。

同級生も家を考え出した事自体がつい最近とのことらしいのですが、会社先でばったり会えた事も凄い偶然でしたね。

これから、土地・資金計画・建物計画と色々と分からない事や問題もあると思いますが、精一杯お手伝いさせてもらいますので一緒にマイホーム完成に向けてがんばりましょう!

写真は弟のしんちゃんが会社でなにやら建築について勉強をしている、珍しい光景を撮影する事に成功しました!

私にとって弟とは不思議なもので親子ほど甘えたり、甘えられる訳でなく夫婦ほど身近に居るわけでもなく、友人ほど、腹を割って話できる訳ではもないのですが・・・

弟が、がんばっている姿をみると何故か自分も頑張らなくてはと思わせてくれる不思議な存在です。



2010年04月19日(Mon)▲ページの先頭へ
固くするのも一つの方法?
建築基準法はこれから建築される建物について「数百年に一度発生する確率の巨大地震を受けても倒壊しない」という性能が最低限必要としています。

この倒壊を防ぐという条件を満たすには大きく分けて2つの方法があります。

一つは出来る限り建物が傾かないように水平強度を高めること。

もう一つはどれだけ傾いても倒れないように変形性能を高めることです。

どちらにも共通しているのが、揺れのエネルギーを何らかの形で吸収するという点です。

水平強度を高めた建物は地震でもあまり揺れないが、抵抗要素になっている、様々な部材にダメージを負わせる事で地震に耐えています。

変形性能の高い建物も、接合部がめり込んだり、摩擦で地震力が熱やきしみ音に変わります。

いったん発生したエネルギーは必ずどこかで吸収されたり発散されたりしています。

地震が発生すればどれほど硬い構造も必ずどこかにダメージを受けています。

エネルギーを吸収する事は地震で発生したエネルギーを様々な部材で減衰させる事ができるといえるでしょう。

いかに効率よくエネルギーを減衰させるかという考え方は現在の建物の構造を考える上でとても重要になりますね。

今日は某ゼネコンさんからの依頼のあった物件の材料の打合せの為、いつもお世話になっている材料屋さんに行ってきました。

とりあえず、設計図を広げてお互いの疑問点などを直接、話し合っていくので問題だった部分もどんどん解決!

とりあえず材料決めはバッチリです。後は予金額が予算内に納まっているかどうかですが・・・

こればっかりは待つしかないですね。

写真は某ハンバーグ屋さんに外食した時に撮った写真ですが、メニューはモチロンお店の中もとてもオシャレになっていてます。

モルタルを真っ白に塗り色とりどりのモザイクタイルを埋め込んだテーブルは見た目にも格好いいです。

粗い感じのモルタルの素材の中に綺麗なモザイクタイルを敷き詰めていてミスマッチな組み合わせですが、なぜかバランス的に私の好きな感じです。

もちろん、食べ物も美味しいですし私のお気に入りのお店の一つです。



2010年04月17日(Sat)▲ページの先頭へ
古い木造は変形することで耐える?
建物には、建物が傾こうとするのに抵抗する要素、つまり水平の強度が必要になります。

例えば現代の木造住宅では耐力壁がその役割りを担っています。

しかし、壁のない古い構造では、例えば柱と梁の接合部分がその代わりになっています。

ホゾで接合した部分では建物が傾きかけると木同士がめり込み摩擦力が発生し、柱と梁が離れようとするのに抵抗します。

梁の場合は柱に対し直角に差し込まれていますが、摩擦力はこの角度が変わることに抵抗します。

しっかりと造られている建物は、柱のホゾ穴に梁を差し込む際、穴より少しだけ太く加工し力ずくで打ち込んでいます。これにより摩擦力をより高めています。

建物が傾くと、そうした部分以外にもめり込む部分がでてさらに抵抗が大きくなります。

古い建物の構造の最大の特徴は、摩擦やめり込みで横方向の力に抵抗すると同時に、構造がどんどんかみ合っていくことにあり、このため相当のところまで変形しても重力に抵抗し、ギリギリまで屋根を支えてくれます。

つまり、古い建物は適当に動くことにより地震の力を逃がすの効果があったと思います。

今日は会社で、新しい物件の積算を行なっています。

外は久しぶりの晴天でどこかに出かけたくなるような天気ですね。

そんな時に嫁さんから近所の住宅展示場で風船がもらえるイベントがあり、お昼休みを利用して私と嫁と長男で住宅展示場に行ってきました。

住宅展示場をウロウロしながらお目当てのメーカーさんへたどり着いたのですが、簡単に風船がもらえる訳でもなく、まずはモデルハウスの中を見学させていただきました。

場内で営業マンさんに案内されながら、嫁と子供を連れてグルリと一周。

建物の構造の仕組みや断熱の仕組み、防音性能や耐火性のなど、色々と説明してもらいましたよ。

お目当ての風船ももらえましたし、たまには住宅メーカーさんの建物を見るのも楽しいですね。

写真は先日、弊社のしんちゃん・まっちゃんが仕事用の車の掃除をしていた時の写真です。

数日前のブログでも紹介した水島アルミさんに習って、二人で写真の車と2tのダンプを掃除してくれていましたよ。

大切に使えば長く乗れる車ですし、いつも作業中は現場に止る車なのでいつも綺麗にしておきたいですね。



2010年04月16日(Fri)▲ページの先頭へ
古い木造が何故壊れないの?
社寺仏閣、民家・町家など日本には木で出来た建物が数多く残っています。

阪神大震災に遭った神戸市内でも築100年を超える社寺が壊れなかった例もあるそうです。

しかし、これらの金物なので補強されていない建物がなぜ大震災でも倒れなかったのか?

その理由は、地震に遭った際にも、建物の傾きの限度を超えなかったからだといわれています。

つまり、オモチャの「やじろべえ」と同じ原理だと言われています。

地面が地震などで動くと建物がバランスを崩しそうになる。そこでバランスを保つため、揺れと逆方向に傾き、力を釣り合わそうとします。

一方、地球上のすべてのものには重力がかかっていて、傾きが限度を超えると、柱が折れたり外れたり、屋根の重さを支えられなくなる。つまり「倒壊」です。

古い建物がどうやってバランスをとっているのか考えてみたいと思います。

今日は会社で事務仕事を行なっていますが、外は天気予報とはうってかわった生憎の空模様ですね。

岡山市で行なっている改修工事の木工事もいよいよ大詰めをむかえています。

写真は同現場で3時の休憩している電気屋さん2人と弊社のスタッフ、しんちゃん、まっちゃんです。

忙しい毎日のホットできる休憩時間ですが、同じ現場で一つの物を作り上げる為に業者さん同士が大切なコミュニケーションを取る時間でもありますね。

確かに現場用の図面もありますが、図面に記入できない部分も業者さん同士のコミニュケーションがキチンと取れていれば色々な問題に直面した場合もスムーズにクリアしていけますね。

先日、子供の本をなにげなしに見ていると、「カラスは120年生きる」との書いてあるではないですか!

これが本当ならびっくりと思い、インターネットで調べてみた所、カラスの寿命については実に様々な書き込みがありました。

有力な情報としては7年〜8年程度が最も多く、まぁ現実的に考えてみても納得できる年数ですね。

結局、最終的な結果については調べきれませんでしたが、また時間がある時にでも調べてみたいと思います。



2010年04月15日(Thu)▲ページの先頭へ
蟻害を受けやすい建物の仕様?
建物は地面に建っている以上、どのような建物でも蟻害の可能性を考えた方が良いのではと思います。

ベタ基礎を採用したからと言って、防蟻処理を怠るのは危険です。

建物の仕様はあくまでも蟻害の可能性を下げるものであり、防ぐためのものではありません。

近年では、蟻害の危険性を指摘されるようになった仕様は外張りの基礎断熱です。

土の中のシロアリが断熱材の内部を食い進み、構造上重要な木材に到達する例が多く報告されているそうです。

床下の侵入経路を発見しづらいため、被害の発見が遅れる傾向にあります。

シロアリや蟻害が見つかったときは、食害を受けた建材と床下の面全体に、認定薬剤を注入したり塗布するのが確実です。

シロアリは無作為に進もうとするので、食害を受けた所だけでなく、全体面に覆わないとリスクの解消になりませんので注意して下さいね。

今日は倉敷市の酒津公園付近で住宅の修繕工事に行ってきました。

掃き出しの敷居が損傷している為、部分的に取り替える工事となりましたが、こちらは問題なく無事終了。

酒津の公園を少し見てきたのですが、桜も随分散っていて先週までの花見を行なっている人たちの賑やかさが嘘の様ですね。

ここ数日、天気も不安定な日々が続いていますね。

気温も上がったり下がったりしていますが体調管理に気をつけて、ゴールデンウィーク目指して頑張っていきましょう!



2010年04月13日(Tue)▲ページの先頭へ
蟻害と腐朽の違いとは?
腐朽の場合は木材が黒く変色していたり、繊維がボロボロにもろくなっていたりするなど、明らかに不健康な状態だと見てわかります。

一方、蟻害の場合は、一見健康そうな木材が不自然に食い破られスカスカになっています。

食害の跡が年輪に沿って同心円状になるのも特徴です。

羽アリ以外のシロアリは、光や外気を嫌うため通常は木材の中を食い破ってトンネルを作ります。

基礎コンクリートや束石といった硬いものの表面を進む場合は、木材の欠片、土、ふんなどを唾液や水で固め「蟻道」といわれる光の差さないトンネルを作って進みます。

床下にこうした蟻道を発見すれば周辺はシロアリの被害を受けていると思われます。
「蟻土」と呼ばれる土の塊が加害箇所の周辺で発見できる事もあります。

蟻道が発見できなくても、疑いのある部分に不自然な土が付いている場合は詳しく調べる必要がありますね。

昨夜、私の幼なじみから、久しぶりに電話があり話をしていると実家が雨漏りしているので見て欲しいとの連絡がありました。

今日、早速いつもお世話になっている屋根屋さんと一緒に現地の状況を調べに行ってきました。

現地で家の方に雨漏りの状況を聞いていると、数年前から雨の降り方によっては何度か雨漏りがあったらしく、屋根屋さんと屋根の上に登ってみると、なんとあちこちの瓦が何枚も変色しているではないですか!

変色している瓦はほとんどが割れが入っています。

屋根屋さんの説明によると現状の瓦がSK瓦と呼ばれる物で、セメント瓦に塗装を施したタイプの物なのですが20数年前はコストパフォーマンスに優れていた為、多く使われていたタイプの瓦との事。

しかし、なぜ同じ瓦が写真の様に変色するのか聞いてみると、当時は職人さんが砂とセメントを混ぜて手作りで製作していた為、職人さんによっては砂とセメントの配合がかなり曖昧だったそうで、セメントと砂の配合によってはこのような状態になるようです。

今回の建物は全体的に瓦の塗装も随分、老朽化しており応急処置だけではこの先、数年で限りがあるかもとの事。

今回の場合も新築時から10年くらいを目安に瓦の塗装をしておけば、もっと違った結果になったのかもしれませんね。

しかし10年毎に屋根の塗装も現実には難しいようにも思えますので、今回はセメント瓦ではなく初期のコストは若干上がりますが長く使える陶器瓦をお薦めしようと思っています。



2010年04月12日(Mon)▲ページの先頭へ
生命保険の見直しで家計のダイエット
マイホーム取得時は、生命保険の見直しのチャンスです。

万が一の場合の死亡保障額には、今後住み続けるために必要な家賃分も含めて考えてお
かなければなりません。

マイホームを取得すると家賃負担がなくなり、その分ローンの支払いが発生します。

ローンには団体生命保険がついており、万一の場合その保険でローンが全額返済されます。

なので、現在の死亡保障額を減額し、保険料を少なくすることができるのです。

そうすれば、保険料負担軽減分をローンの支払いにあてることもできますよ。

今日は午前中に備前アルミさんが網戸の取付にやってきてくれました。

事務所の入口の開き扉に網戸を付けるのですが、これが思っていたよりカッコイイ網戸でビックリ!

写真の様な横引き型の網戸で見た目もスッキリです。

これから段々、暖かくなってきますので網戸を使う頻度も多くなってきますよね。

午後より、以前新築させていただいた岡山市のお宅へ内装扉の丁番の取替にいってきましたよ。

丁番の取替えですが建具が随分重い為、以前の丁番では扉の重量に耐えられないのか時々、調整してやる必要があったのですが、今回は以前より一回りゴツイ物を用意しました。

とは言っても、今付いている丁番を外して新しい物に代えるだけで作業はあっという間に完了。

これで、スムーズに扉の開け閉めが出来るし頻繁に丁番の調整をする必要がなくなりますね。



2010年04月10日(Sat)▲ページの先頭へ
夢のマイホームにむけて自己資金を貯めるには?
なかなか貯まらない住宅の自己資金、マイホーム取得ならではの貯めかたがあるので紹介します。

財形貯蓄〜
サラリーマンの方で、勤務先に財形貯蓄制度がある場合は、まずこれを利用しましょう。

この制度は給与やボーナスから天引きで積み立てされています。

貯蓄が苦手な人も知らないうちにに貯まっていくといったメリットがあります。

また、積立期間が一年以上、残高が五十万以上などの一定の条件を満たすと積立残高により「財形住宅融資」で最高四千万円、「財形教育融」で最高四百五十万は融資が受けられるのも、他の積立型貯蓄にない大きな特徴です。

親からの援助〜

親から多くの資金を援助してもらえる場合には「相続時精算課税制度」の利用を検討してみましょう。

詳しいお問い合わせは最寄の税務署へ問い合わせて見てください。

今日は倉敷市内の設計事務所さんの依頼で同じく倉敷の呼松へ住宅の改修工事の為の現地へ行ってきました。

倉敷の北部で仕事の多い弊社にとっては同じ倉敷でも南の方は余り行きなれない地区の為、住宅地図で下調べをした上、一時間前に会社を出発しましたよ。

土曜日だった為なのか意外と道路も混んでいて、早めに出発したおかげで約束の時間に無事に現地へ到着。

設計士さんも到着して、依頼のあった台所のキッチンの入替と床の補強など現地を確認。

前もって図面を書いて戴いていたので大変助かりました。

こちらの現場もGW前までに工事を完了させたいとの事で、段取りの方を早速進めてさせていただきます。

明日は日曜なのでゆっくりしたいのですが、朝から地区の川掃除の日ではないですか!

今日は会社から帰宅する時に長靴と掃除道具を借りて帰らなくては・・・

写真はまっちゃんが岡山で行なっているリフォーム工事の内部の造作材の加工を行なっている所です。

現地で寸法をあたり、加工場で一本一本、窓枠や入口枠など現地のサイズに合わせて木材を加工してくれています。

加工場での作業はお施主さんには見えないので地味ですが、ここの木材加工の仕上り具合で内装の出来栄えもグンとよくなるので手の抜けない、とても大切な工程ですね。





2010年04月09日(Fri)▲ページの先頭へ
入学式
マイホーム・なぜ自己資金が必要?

住宅ローンを組む際にはある程度の現金が必要です。

通常、住宅ローンは物件の八割から九割までしか融資してくれません。

そのため残り部分と諸費用分は自己資金として現金で用意する必要があります。

自己資金は、資産残高から手元に残す金額(生活費や使う予定の金額)を差し引いた残りと、親からの贈与がある場合それを加えたものになります。

頭金と諸費用を合わせて購入価格の二割程度用意できればベターですね。

もちろん多いほど少ないローンでは済みますが、金利の上昇などを見越せばある程度ので考えることも必要ですね。

今日は次女の小学校への入学式があり私も午前中に何とか時間を作って入学式に参加しました。

今回はこちらの小学校では約170人もの新一年生が期待と不安を胸に入学式に参加しました。

新一年生達は保育園、幼稚園とは比べ物にならない位の大きな体育館で、小学校の校長を始め先生方、来賓、保護者の方々、そして在校生を代表して6年生の方々と多くの人が参加してくれたこの空間で何を思ったのでしょうか。

保育園・幼稚園もですが、小学校はまさに社会の縮図ですよね。

もちろん勉強もですが、この小学校で6年間、大勢の人の中での自分で責任を持つ大切さや大勢でひとつの事を達成する為の努力や、やり遂げた時の満足感など教科書では見えない部分も学んで欲しいと思います。

その為にも色んな物に興味を持ち、それに対して失敗しても良いのでチャレンジしてくださいね。

そして友達や先生などの周りの人に支えられている自分が分かり、その人たちに素直に感謝できる6年生になって欲しいと思います。



2010年04月08日(Thu)▲ページの先頭へ
マイホームにむけて資金計画をはじめるには?
マイホーム取得の為には、まずはお金の状況を調べてみましょう!

資金計画は「わが家の全資産」と年間の収入・支出を知ることが肝心です。

資産状況と収支を把握すれば、どのくらい自己資金を準備できるか予測することができます。

まず、全ての預貯金、株式、貯蓄目的の保険などを合計し、全資産を割り出します。

続いて一年間でどれくらい貯蓄できるのかを考えます。

これは一昨年末の合計資産残高から昨年の合計資産を引くことで、家計簿をつけてない人も簡単に算出できます。

貯蓄額がわかったら、そこからどの位住宅用に充てられるかかんがえましょう。

貯蓄全額はローンの支払に充てる訳にはいきません。

教育費など使う予定のあるお金と、生活費の約3ヶ月分は予備費として残しておく必要がありますので、それらを差し引いた残りを頭金に充てます。

また、月々のローンの支払にいくら充てられる額は毎月している貯蓄から、今後使う予定の貯蓄(車、教育費など)を差し引き、それに家賃と駐車場代を足した合計となりますよ。

住宅ローンとは長いお付き合いになるはずです。まずは自分の家の家計の事情を良く把握しておく事が必須ですね。

今日も一日、会社に引きこもり見積依頼のあった物件の積算を行なっています。

明日は次女の小学校への入学式があるとの事で、明日の仕事分までこなしておこうとがんばっています。

次女の時の幼稚園の行事にはまったく参加できなかったので、今回の小学校への入学式はなんとしても行っておかなければ・・・

次女が生れた時から6年・・・振り返ってみるとアッという間ですね。

こうして思うと一日、一日の大切さが本当に実感できます。

次女が小学校を卒業する6年後、その時に後悔しないよう私も次女も今日からまた一日、一日を一生懸命過ごしていかなければと思います。

写真は倉敷の現場で取付けたユダ木工さんの内装建具です。

材種はパインでアンティークガラスにアイアン製の取手、塗料は自然塗料で色付けしてあり既製品ながらに別注で造った建具の様な感じに仕上がっていますね。

カタログを見てみると他にも様々なデザインがあるのですが、今回注文した物はやけに納期がかかるので色々、メーカーさんに聞いて見たところ、どうやら完全に受注生産との事でした。

納期とコストは少しかかりますが、こうした内装ドアもワンポイントのアクセントとして使うのは面白いですね。




2010年04月07日(Wed)▲ページの先頭へ
家づくりにかかる税金D
消費税及び地方消費税〜

土地購入費や保証・保険料をのぞき、住宅の建築・購入、各種手数料に課税されます。

みなさんにもおなじみの税なので大丈夫とはおもいますが、気になる点は最寄の税務署へ問い合わせてみてください。

今日は先日、竣工を向えた倉敷のファースの家に建具の調整に行ってきました。

木製建具のラッチの受けの位置を少し調整するくらいの事でしたが、最近会社に篭りっぱなしの私には、久しぶりの外出でとても新鮮でしたよ。

会社に帰ってみると次の物件の図面が上がってきてますね・・・

これは明日も会社に入り浸りかも・・・

岡山でのリフォーム現場は問題だったシロアリ駆除と予防の施工も終わり、明日からは又、内装の工事にとりかかって行く予定です。

先日の日曜日にイオン倉敷のトイザラスに次女が欲しがってた【たまごっち】を買いに出かけたました。

たまごっちとは1996年にバンダイさんから発売されたキーチェーンゲームで調べてみた所、名称の由来は「たまご(Tamago)」と「ウオッチ(Watch)」との事。

当時、結構なブームになったのを覚えていますが現在も人気が高いみたいです。

写真はその時見かけた、車の玩具なのですが車のタイプはなんと軽トラ!ついつい欲しくなり10分くらい考えてた末に買うことをあえなく断念・・・

トイザラスは玩具の種類も多くて楽しいですね、子供に限らず私たちの世代でも十分楽しませてくれる玩具がたくさん置いてあり、ついつい衝動買いしてしまいそうになりますね。





2010年04月06日(Tue)▲ページの先頭へ
家づくりにかかる税金C
固定資産税・都市計画税〜

不動産をもっている限り、毎年必要なのが固定資産税です。

税率は自治体により異なりますが、標準税率は1.4%です。

平成二十年三月三十一日までに新築された住宅で一定の要件を満たす場合、当初三年間の税額が半減される軽減措置があります。

また住宅用地も課税標準額の軽減措置があります。

都市計画税は原則として都市計画法で定められている市街化区域内の建物や土地の所有者に課税される税です。

税率0.3%を限度として市町村の条例で定められています。なお、課せられない自治体もあります。

詳しいことは各市町村窓口に問い合わせてください。

今日も会社にて積算を行なっています。一応、拾いも終わり後はパソコンへの入力だけです。

この調子なら明日からは現場の方へ出かけれそうです!

写真は某ゼネコンさんの依頼で倉敷の観光名所の造作工事の下造りを行なっています。

木材を一本一本、素性を見ながら加工してくれてます。

こちらも近い内には工事に取りかかりそうなので急がなくてはなりませんね。



2010年04月05日(Mon)▲ページの先頭へ
家づくりにかかる税金B
不動産所得税編〜

土地を購入したり住宅を建築した時には、所在地の都道府県から不動産所得税が課税されます。

土地は市町村の固定資産課税台帳の価格、新築住宅は新たに評価した価格に税率をかけて税額を計算します。

平成二十一年三月三十一日までに取得した場合の税率は3%(住宅以外の家屋を平成二十年三月三十一日までに取得した場合は3.5%、平成二十年四月一日以後は4%)です。

また一定の条件を満たす住宅・土地については価格控除や減額の軽減措置は、親が自分名義で土地を購入し、三年以内にその土地に子供の名義で家を建てたというケースでも受けられますので、詳しい事は各県民局へ問い合わせてください。

今日は会社で事務仕事を行なっています。

外は随分、気候も良くなり暖かいですね。ファース工法で施工している事務所は少し暑い位・・・

昨日、一昨日と桜の名所ではお花見している人達で大賑わいですね。

さて写真は前回行なった見学会でパナソニックさんがIHヒーターの実演を行なってくれた時の写真です。

フライドポテトやハッシュドポテトなどIHヒーターの操作や特徴など交えて大変分かりやすく説明してくれましたよ。

実際、フライドポテトやハッシュドポテトはご来場の方や近所の子供たちに大評判!

私も少し試食させていただいたのですが、本当に美味しかったですよ。

写真は今回IHクッキングヒーターの実演、説明を手配してくれた岡山市内の電材屋さんですがとても気さくな方でしたよ。

また何処かでお会いした時はどうぞ宜しくお願いしますね。



2010年04月03日(Sat)▲ページの先頭へ
家づくりにかかる税金は?A
不動産の所有権移転登記や保存登記、住宅ローン借入の場合の抵当権の設定登記などに課せられる税金です。

税額は不動産の価額(固定資産評価額)と登記の種類によって異なります。

家屋の登録免許税は、一定の住宅用家屋の場合には、平成二十一年三月三十一日まで軽減税率が適用される特例があります。

この場合は、登記の申請書に家屋の所在地の市町村長の証明書を貼付する事が必要ですが、登記後に証明書を提出しても特例が受けれませんのでご注意ください。

詳しいお問い合わせは法務局(各登記所)へ問い合わせて下さい。

今日は水島アルミさんの依頼で岡山へ内装建材の取付のお手伝いに行ってきました。

アウトセット引き戸と呼ばれる商品で、特に大きな工事も必要なく壁の外に引き戸が付けれるといった物です。

実際に作業もクロスで仕上てある開口部分に後から取付けるのですが作業時間も早く便利な商品ですね。

文章ではなかなかお伝えしにくいのでこちらの水島アルミさんのホームページから詳しくは調べてみてください。

写真はその水島アルミさんの作業車ですがなんと走行距離は21万キロ!車内も作業車とは思えないほど綺麗に片付けてあり、とても大切に使っていましたよ。

ふと、他の業者さんなど色々思い出してみると、意外と車の片付け具合で会社の様子が伺えるかも・・・

以前こちらの水島アルミさんの会社にお伺いした時にも事務所や倉庫までキチンと整理整頓が行き届いていて、とても清潔な印象を受けました。

これは早速、私たちも見習わなければなりませんね・・・



2010年04月02日(Fri)▲ページの先頭へ
家づくりにかかる税金は?
印紙税〜
契約書一通ごとにかかる税金で家づくりでは最初に納付する税金となります。

建築業者と「工事請負契約書」などを取り交わす時、契約書に貼付する収入印紙代が印紙税です。

税額は契約書に記載されている金額により定められ、例えば請負金額が一千万を超え五千万以下の場合、税額は契約書一通につき一万五千円(不動産の売買及び建築の請負契約書の印紙税額には、平成21年3月31日までに作成されるものについては、軽減措置が設けられています。一万五千円は軽減後の税額です)となり、施主と業者が連帯して、収入印紙を貼付する方法により納付します。

また、ローンを利用する場合、金融機関と取り交わす「金銭消費賃借契約書」にも収入印紙を貼付します。

例えば、借入額が一千万を超え五千万以下の場合は税額二万円となりますよ。

今日は総社市でいつもお世話になっている大工さんの上棟のお手伝いに行ってきましたよ。

天気も良く絶好の上棟日和で、1階、2階、屋根へと作業もズンズン進んで行きます。

夕方には屋根の下地も完成し、屋根屋さんが下葺き材を施工して、建物もシートで覆い作業終了。

写真の左の方がこの現場の棟梁さんで右の方が大工さんですが、二人とも若いのですが仕事ぷりは熟年の大工さんに勝るとも劣らない良い腕をしていますよ。

これから竣工まで、時には難解な問題もあるでしょうが、二人で協力して工事を進めて下さいね。



2010年04月01日(Thu)▲ページの先頭へ
その他の諸費用
引越し費用や電話の移転費用などのほか、上下水道の加入負担金が必要な場合もありますし、地鎮祭や棟上などの祭典費用も見込んでおくことも必要です。

建て替えの場合には、古い家を取り壊す解体工事費や、建て替え工事の障害になる大きな庭木や門の移動費用、工事中の仮住まいの費用など建て替え特有の費用が必要な場合もあります。

その他にも建築工事外の別途工事の費用も確保しておきましょう。

今日は岡山の改修工事現場を離れ、会社にて倉敷市の某お寺の積算書の作成に励んでいます。

大方の部材の拾いも終わり、後は業者さんからの商品単価の記入を待つばかり。

ちなみに拾いとは工事に使う材料の種類やサイズなどを一本一本、図面を見たり計算しながら数量を割り出すと言う、とっても辛抱がいる作業です。

特に木工事にいたっては、とてつもなく種類が多い上に数量も多く私にとっては、施工図の作成かこの拾いどちらかと言う位、気が重い作業です。

しかし、この気の重い作業も終わり気持ち晴々!後は金額を打ちこみと思いきや、社長が倉敷で予定している住宅の改修工事の図面を持って帰ってき、また一から拾いの始まりです・・・

こちらも提出期日が決っていて余り猶予がないので急がなければ・・・

写真は岡山市で工事中の住宅改修の現場です。

弊社の松永くんが浴室の解体に取り掛かっていますが!なんと床からシロアリを発見しました。

とりあえず被害は少ない様ですが施主さんに報告を行いました。

まずは白蟻駆除の専門業者さんを交え今後の対策を検討しましょう。

明日はいつも忙しい時に手伝ってくれる大工さんが上棟の手伝いをして欲しいとの依頼を受けて、弊社のスタッフと私でお手伝いに行ってきます。

たまには他の工務店の建物を実際に作りながら研究できる良い機会ですね。

今回の建物は某メーカーさんの耐震等級を高めた住宅なのですが、百聞は一見にしかずと言いますが、その一見よりも実際に工事に携わる事が出来ればもっと詳しく知る事ができます。

よい所があればどんどん真似て、私たちの作る家が住む人にもっと喜んでもらえる家づくりを目指しましょう。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年4月
       
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:284
昨日:420
累計:1,664,932